中区・西区版 掲載号:2018年5月24日号
  • LINE
  • はてぶ

"のげやまくん"絵本に 地元密着ゆるキャラで街活性

文化

絵本は子どもが持ち歩けるミニサイズ(12.5cm四方)
絵本は子どもが持ち歩けるミニサイズ(12.5cm四方)

 中区西区内を中心とした公共掲示板に登場し、“謎のゆるキャラ”として人気を集めている「のげやまくん」の絵本が6月2日、星羊社=中区=から発売される。

 のげやまくんは野毛山動物園の近くに住んでいるという設定で、2011年6月に突如公共掲示板の貼り紙に登場。フェイスブックやツイッターなどのSNSと並行して野毛山動物園や野毛周辺の情報発信を行い、「のげ〜」と発するその愛くるしいキャラクターでファンを増やしていた。

 絵本のタイトルは『のげやまくんとくま』。落し物のくまのぬいぐるみと一緒に野毛山動物園などの街を巡り、持ち主を探すストーリー。

 作・絵を手がけたのは匿名でのげやまくんを描き続ける西区出身の男性だ。「掲示板によくわからない貼り紙があったら面白いかなと思って始めた」のがきっかけ。教育関係の仕事の傍ら7年間、公共掲示板の期限である10日ごとに新しい内容のものに貼り替えており、その数は1万枚を超えている。

消えゆく掲示板

 近隣区にも範囲を広げ最大70カ所貼っていた貼り紙も、掲示板の減少により現在40カ所に。横浜市によると市内の公共掲示板はインターネットの普及や老朽化により約5年後の完全撤去に向けて作業が進んでいるという。のげやまくんの活動拠点である掲示板が消えゆくなか、近年では市民ギャラリーなど公共施設での掲示や地域イベントを積極的に行うなど、街の活性化にも一役買っていた。

 今回の絵本化は、そんなのげやまくんの新たな活動の場の一つとして、中区の出版社「星羊社」と企画。両者初の絵本制作となったが、互いに共通する“地元愛”をもって試行錯誤を繰り返し、約1年間かけて完成。横浜開港記念日で、のげやまくんの誕生日でもある6月2日に発売日を決めた。売上げの一部は野毛山動物園に寄付される。

 「絵本を見て自分の街をもっと好きになってもらえれば」と星羊社。作者も愛着のある街で念願だった絵本化が実現できたことを喜んでいる。名前などは今まで通り公表しないが「誰かがのげやまくんの活動を見てくれる限り、ずっと続けていきたい」と話している。

 1冊1200円。現在星羊社のHPで予約受付中。詳細はHPか【電話】045・315・6416へ。
 

5月28日までは商店街のイベントで子どもたちが作成した絵本のPRチラシを掲示。場所によって内容が異なる(写真はちぇるる野毛前の掲示板)
5月28日までは商店街のイベントで子どもたちが作成した絵本のPRチラシを掲示。場所によって内容が異なる(写真はちぇるる野毛前の掲示板)

中区・西区版のトップニュース最新6件

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク