中区・西区版 掲載号:2018年6月28日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

健康管理に必要な生活習慣 コレットマーレ医療モール「みなとみらいケンズクリニック」 胃がんを早期発見するには? 取材協力/みなとみらいケンズクリニック 渡邊史郎院長

渡邊 史郎 院長
渡邊 史郎 院長
 Q・知人が胃がんになりました。胃がんになったらどのような症状が出るのでしょうか?

 A・胃がんの代表的な症状には上腹部の痛みや不快感、胸やけ、吐き気、食欲不振などがあります。ただし、これらの症状は胃炎や胃潰瘍など、胃がん以外の消化器疾患でも認められます。また、早期の胃がんの場合はほとんど症状がなく、進行した胃がんでも無症状のことがあります。そのため、検診で偶然に胃がんが発見されることも少なくありません。自覚症状がないから大丈夫ということはなく、症状の有無にかかわらず定期検診を受けることが、病気の早期発見にとても大切です。

 胃がんの早期発見には内視鏡検査がとても有用です。胃がんは早期に発見することで、内視鏡で治療をすることが可能です。手術が必要な場合でも、早い段階で見つかったがんは高い確率で助かります。近年の内視鏡は細径化し、鎮静剤を使うことでつらくなく検査を受けられるようになっています。内視鏡検査を受けてみたいけれども、どうしても苦手である方、検査に不安がある方は是非ご相談ください。

 喫煙や塩分の過剰摂取、野菜や果物の摂取不足、およびヘリコバクターピロリ菌の持続感染などが胃がん発生のリスクを高めると考えられています。これらのリスクをお持ちの方、特にピロリ菌の除菌歴のある方は 年に1回の内視鏡検査をお勧めします。

医療法人社団健生会 みなとみらいケンズクリニック

〒231-8331横浜市中区桜木町1-1-7 TOCみなとみらい3階

TEL:045-651-2588

http://www.kens-clinic.jp/minatomirai/

中区・西区版のピックアップ(PR)最新6件

全国で「健康ダイエット教室」を開催

1人1人に合わせた指導

どこでも出張します

JR石川町駅元町口3分

どこでも出張します

7月19日号

退職世代の投資信託選び8月9日 無料セミナー

境界や空き家の疑問解決へ

県土地家屋調査士会

境界や空き家の疑問解決へ

7月19日号

英語で過ごす夏休み

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク