中区・西区版 掲載号:2018年7月19日号 エリアトップへ

デビュー20周年を迎えた「クレイジーケンバンド」のリーダー 横山 剣さん 中区本牧在住 58歳

掲載号:2018年7月19日号

  • LINE
  • hatena

一番落ち着く自由な街

 言わずと知れた、本牧生まれの音楽グループ「クレイジーケンバンド」。1997年、地元のイタリアンガーデンで誕生し、同じ本牧のUSSシーメンスクラブで結成式が開かれた。翌年に初のCDを出して今年で20周年。2005年には本牧市民公園、09年にはシンボルタワーでもライブを行った。「結成時に僕は37歳。20年と言っても2、3年くらいにパーッと過ぎていった感じ」と率直な心境を語る。

 8月1日には記念アルバム『GOING TO A GO-GO』を発売。9月には横浜アリーナでライブを行うほか、全国ツアーも控える。「アルバムを出さなかった一昨年と昨年がハーフタイムで、これから人生の後半戦。終わりに向かって走っていく、アグレッシブな気持ち」とアルバム表紙は黄昏をイメージした。

 生後2カ月で本郷町へ。3歳まで本牧で過ごし、以降は市内や東京で転々と暮らすことはあっても、いつも帰る街は本牧だった。そんな本牧を一言で表すと「自由」。「一番落ち着くんですよね。住んでいて心地よいところ。実は誰でも受け入れる、干渉しない雰囲気がありますね」。8月の「お馬流し」に合わせて行われる盆踊り大会への飛び入り参加も恒例行事。歌うのは接収時代の「日米親善盆踊り」を題材にした『デトロイト音頭』。「今年は仕事が何時に終わるか分からず、間に合えばいいですが…普段のままで歌うのは少し恥ずかしいんですがね。ご迷惑になっていないか心配です」と笑顔を見せた。

 日課は近所の公園での愛犬との散歩。間門の森や山頂公園に子どもとカブトムシを取りに行くことも。いま気になるのは本牧市民プールの行方。「ギラギラして最高に好き。あそこから曲もいっぱい生まれた。早く再開してほしいですね」
 

中区・西区版の人物風土記最新6

柴田 浩一さん

横濱ジャズプロムナードプロデューサーで、『ビッグバンド大事典』を出版する

柴田 浩一さん

西区出身 72歳

8月22日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(川崎・横浜)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 75歳

8月15日号

伊坂 重憲さん

神奈川福祉事業協会の会長を務める

伊坂 重憲さん

神奈川区在勤 69歳

8月8日号

太刀川 英輔さん

「イノベーション都市・横浜」のロゴマーク「YOXO(よくぞ)」を制作した

太刀川 英輔さん

中区在勤 38歳

8月1日号

坂和 伸賢さん

(一社)横浜みなとみらい21の理事長に就任した

坂和 伸賢さん

西区在勤 61歳

7月25日号

布目 英一さん

7月1日に横浜にぎわい座の館長に就任した

布目 英一さん

中区野毛町在勤 58歳

7月11日号

出川 哲朗さん

横浜市出身のお笑いタレント

出川 哲朗さん

 55歳

7月4日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 8月1日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク