中区・西区版 掲載号:2018年8月23日号
  • LINE
  • hatena

市政報告 「横浜みどり税」の役割に評価 自民党市会議員 松本 研

 横浜市は大都市でありながら、身近な場所に多くの樹林地や農地など多様な緑を有しています。これらの緑の減少に歯止めをかけ、次世代に継承するために、2009年度から「横浜みどり税」を財源の一部に活用した「横浜みどりアップ計画」を推進しています。

 これらの取組は、継続していくことが重要です。これからの緑の取組(19年〜23年)の原案が公表されていますが、この度、横浜市の附属機関「横浜市税制調査会」より、19年度以降の「横浜みどり税」に関する答申が提出され、取組の評価にあわせて、引き続き横浜みどり税を財源として活用すべきと判断されました。

保全緑地増加など計画に成果

 現行の横浜みどりアップ計画(14年〜18年)の17年度までの4か年の取組成果としては、以下の内容が挙げられます。

 緑地保全制度による新規指定面積の増加(328・4ヘクタール)、横浜みどり税の導入により不測の事態等が生じた場合の樹林地等の買い取り希望に対応が可能、市内水田の9割にあたる119・8ヘクタールを保全するとともに農家の後継者支援や体験農園・農園付き公園などの整備の充実、地域が主体となった緑の創出の取組(42地区)など。4年間の総事業費363億円の内、約101億円が横浜みどり税から充当されています。これからも、高齢者人口の増加などに伴う社会保障費の増加や社会資本の経年劣化に対応するためのメンテナンス費用の増加などにより、厳しい財政状況が見込まれています。

税制継続、望ましいと答申

 このような中、徹底した事業の見直しや事務事業の効率化に取り組むとともに、横浜みどりアップ計画の施策の重要性・必要性に鑑み、横浜みどり税を継続することが望ましいとの答申いただきました。

 現在の横浜みどり税は、5年間の期間を定め、市民税均等割りの超過課税として、個人の税率は900円、法人は均等割額の9%相当額を上乗せするもので、新計画を進めるにあたり、現行の税形式を継続することが適当と判断されました。また、国で創設された「森林環境税」との関係については、森林環境税の目的は、林業経営の成り立たない森林の整備であり、森林の整備に努める中山間地自治体の事業を支援するものです。そのため、横浜みどり税の目的である都市部の樹林地の保全・都市緑化の推進とは無関係であるとされています。

 横浜みどり税は、横浜の緑を守り、育てるために必要な財源であるとともに、市民に税の効果を広報することが大切だと思います。

松本研

横浜市中区宮川町2-44

TEL:045-261-2251

http://matsuken.hama1.jp/

中区・西区版の意見広告・議会報告最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

丸山ゴンザレス氏が講演

横浜JC

丸山ゴンザレス氏が講演

3月8日、午後7時から

3月8日~3月8日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク