中区・西区版 掲載号:2019年1月17日号
  • LINE
  • hatena

三溪園臨春閣 30年ぶりの大修理 屋根材の交換が中心

文化

三溪園内の臨春閣。第一屋に足場が組まれている=9日撮影
三溪園内の臨春閣。第一屋に足場が組まれている=9日撮影

 中区三之谷の三溪園にある臨春閣(りんしゅんかく)の大修理が30年ぶりに行われる。屋根材の交換を中心に耐震対策も実施予定。この修理は来年5月までかかる見込みだ。今年の4、5月ごろに屋根の葺き替えを予定しており、見学会も実施するという。

 臨春閣は1649年に建てられた紀州徳川家の初代藩主・頼宣の別荘といわれている。1906年に三溪園の開園者である原三渓が入手し、17年に大阪市より同園に移築された。第一屋、第二屋、第三屋の三棟に分かれており、各棟を斜めにずらして建てる形式「雁行形」に配置されている。31年に国の重要文化財に指定。江戸時代初期の武家の別荘建築が希少であることや、シンプルな数奇家風書院造りが江戸時代初期の武家の別荘としては珍しいことから貴重な建物とされている。

 大規模な修理は戦後、58年と88年の2回実施されており、今回で3回目。今回は檜皮(ひわだ)や杮(こけら)の屋根材の交換が中心。屋根材の老朽化に伴い、大規模な修理に至った。合わせて耐震対策の工事も行う。

 1月8日から足場組みが始まり、第一屋はすでに足場に囲まれている。修理の終了時期は2020年5月頃の予定。工事期間中は足場などに囲まれるため外観が見えづらくなるが、屋根の葺き替え作業が見えるようにできるだけ工夫をしていくという。今後の工程については専門家と話し合いながら慎重に決めていく。

 (公財)三溪園保勝会の担当者は「いずれも貴重な文化財を将来に向けて良好な状態で残していくために必要不可欠な工事です。ご理解・ご協力をよろしくお願いいたします」とコメントした。

葺き替え見学会も

 屋根の葺き替え工事中には見学会を行う予定。詳細については決まり次第発表するという。
 

3月1日~8日「シルクフェア」

横浜スカーフなどの魅力を体験できるイベント多数。シルクセンターで入場無料。

http://www.yokohamascarf.com/

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6件

現代アートの新拠点に

みなとみらい線新高島駅

現代アートの新拠点に

2月14日号

山元町に感震ブレーカー

藤棚商店街舞台に映画製作

慢性的な相談員不足

横浜いのちの電話

慢性的な相談員不足

1月31日号

法人化記念でコンサート

平沼高ダンス部が勇姿

高校サッカー選手権

平沼高ダンス部が勇姿

1月24日号

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

丸山ゴンザレス氏が講演

横浜JC

丸山ゴンザレス氏が講演

3月8日、午後7時から

3月8日~3月8日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク