中区・西区版 掲載号:2019年6月20日号 エリアトップへ

新港ふ頭「ハンマーヘッド」 出店25テナントが決定 飲食中心に地域FM局も

経済

掲載号:2019年6月20日号

  • LINE
  • hatena

 新港ふ頭(みなとみらい21地区)に整備が進む客船ターミナルを核とした複合施設「横浜ハンマーヘッド」。その内、今年10月開業を予定する商業施設の出店テナントが決定した。名称は「ハンマーヘッドSHOP&RESTAURANT」とし、テナントは飲食店を中心に9つの全国初新業態を含む25店舗が出店。またコミュニティFM局のスタジオも整備される予定だ。

 新港ふ頭に整備が進む「横浜ハンマーヘッド」は、客船ターミナルと商業施設、ホテルが一体となった複合施設。税関や出入国管理、検疫を行うCIQ施設を含む「新港ふ頭客船ターミナル」と、(株)横浜グランドインターコンチネンタルホテルが経営・運営する「インターコンチネンタル横浜Pier8」は今年11月開業、ふ頭の突端部分に横浜市が整備する「ハンマーヘッドパーク」は2020年3月下旬の供用開始を予定する。

 今回、決定したのは商業施設に出店するテナント25店=表参照。レストランやカフェ、スイーツショップにラーメン店、コンビニエンスストア、コスメ・ビューティー雑貨、また今夏本牧に開局予定のコミュニティラジオ局「マリンFM」のスタジオも出店する。

 全国初新業態が9店舗あり、また神奈川初や横浜初出店の店舗もある。

1、2階に商業施設

 施設の敷地面積は約1万7400平方メートル。建物は地上5階建で延床面積は約3万300平方メートル。CIQ施設は1階に、ホテルは1階から5階までに入る。商業施設は1階から2階部分の約5千平方メートル。1階は11店舗(約1500平方メートル)、2階は14店舗(約3500平方メートル)が入る。各店舗の配置などの詳細は今夏に発表される予定だ。

 横浜ハンマーヘッドを運営する新港ふ頭客船ターミナル(株)は、藤木企業(株)・(株)小此木・川本工業(株)・(株)横浜岡田屋で構成される(株)YNPをはじめとした計4社からなる。

 代表企業を務める(株)横浜岡田屋の担当者は「この施設を介して横浜全体に人が行きわたるようなネットワークを築いていきたい」と話している。

 複合施設の名称は、1914年に国内初の港湾荷役専用クレーンとして整備された「ハンマーヘッドクレーン」に由来する。2001年に現役を退いたが、現在も新港ふ頭突端にその姿を残す。
 

工事が進む横浜ハンマーヘッド=14日撮影
工事が進む横浜ハンマーヘッド=14日撮影

中区・西区版のトップニュース最新6

投票の後は本牧でお得に

投票の後は本牧でお得に 政治

「選挙割」4商店街に拡大

7月18日号

藤棚商店街にご馳走集結

藤棚商店街にご馳走集結 経済

「濱の料理人」10周年記念で

7月11日号

本牧「オリブ工房」が30周年

障害者通所施設

本牧「オリブ工房」が30周年 社会

地域との交流、これからも

7月4日号

みなと総合高でキャリア教育

みなと総合高でキャリア教育 教育

学校×企業×町クラブ

7月4日号

MM企業でバスケリーグ

MM企業でバスケリーグ スポーツ

西区初の総合型クラブが主催

6月27日号

学校・病院、全面禁煙に

健康増進法7月1日改正

学校・病院、全面禁煙に 社会

市、1万4千施設調査へ

6月27日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月13日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月18日号

お問い合わせ

外部リンク