中区・西区版 掲載号:2019年12月5日号 エリアトップへ

地域食堂「さくらホームレストラン」の運営グループ代表を務める 後藤 清子さん 中区竹之丸在住 41歳

掲載号:2019年12月5日号

  • LINE
  • hatena

 ○…大盛況の地域食堂で来店者に目配りし、気さくに話しかけながら店を切り盛りする。予想以上の反響に驚きを隠せない様子だが「それだけ関内エリアで人が気軽に集まれる場所が渇望されてたということ。食事だけでなく子育てや介護、地域の困りごとを何でも相談できる場所にしていきたい」と意欲をみせる。

 ○…長野県出身。夫と小学生の子ども2人の4人家族。自身の経験から母親が一息つけるカフェ形式の子育て広場を立ち上げ、39歳の時に起業。関内のビルの一角で少人数制の保育園「ピクニックナーサリー」を運営し、ベテラン保育士や子ども同伴で働ける環境を作った。目指すは子育ての伴走者だ。「自分が子育てで頼ったのは保育園の園長先生や先輩ママ。卒園後も相談していましたね。支援制度は年齢で区切られてしまうけれど、子育て全体を俯瞰しアドバイスをくれる人の存在が大切」と話す。

 ○…起業前は映像の制作会社に勤務。映像の世界に憧れを抱いたきっかけは、小学生の頃に見た海外のクレイアニメや短編作品だった。大阪芸術大学に入学後、自主制作に没頭。「作品が誕生する瞬間に立ち合いたい」と、企画書作りからスタッフのスケジュール管理、機材設営、宣伝まで一手にこなした。この時の経験が地域・保育・アートと、異なるジャンルをうまく融合する今の活動に生かされている。

 ○…誰にでもざっくばらんに話しかけ、細身の体から発せられるエネルギーは実にパワフルだ。多忙のなかPTA役員を3年連続で引き受け「働くママたちも無理なく参加できる仕組み作りに取り組めたら」と、公私共に母親支援に注力する。日々周囲の支えに感謝しながら「関内ならではの地域のつながり」を模索し続けていく。

中区・西区版の人物風土記最新6

額田 樹子さん

11月30日に開業30周年記念のオンライン式典を開催するパシフィコ横浜の社長

額田 樹子さん

西区みなとみらい在勤 62歳

11月25日号

田口 竜太郎さん

「ミナトノアート2021」の代表幹事を務める

田口 竜太郎さん

中区元町在住 44歳

11月18日号

飯島 俊明さん

独自の消防器具を考案した西消防署の副署長

飯島 俊明さん

西区戸部本町在勤 58歳

11月11日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月4日号

瀧脇 信さん

街に新たな交流拠点を創出する(一社)からこそBOXの代表理事を務める

瀧脇 信さん

横浜市出身 24歳

10月28日号

吉田 昌義さん

椅子張りの高い技術が評価されて「横浜マイスター」に選ばれた

吉田 昌義さん

保土ケ谷区在住 78歳

10月21日号

厚木で宿泊するとクーポン進呈

12月1日~厚木の旅館・ホテルに宿泊すると1人1枚千円クーポンプレゼント!

https://www.atsugi-kankou.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月11日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook