中区・西区版 掲載号:2020年3月19日号 エリアトップへ

セーリング 東京五輪 日本代表に 横浜市在住の飯束さん

スポーツ

掲載号:2020年3月19日号

  • LINE
  • hatena
競技中の様子(株式会社エス・ピー・ネットワーク提供)
競技中の様子(株式会社エス・ピー・ネットワーク提供)

 飯束潮吹(いいつかしぶき)さん(31)=戸塚区=と畑山(はたやま)絵里さん(27)ペアが2月、東京五輪のセーリング日本代表に内定した。

 セーリングは風を利用した力で海上のヨットを走らせ、着順を決める競技。出場するのは長さ約5m、幅約2・5m、高さ9mの大型ヨットを男女ペアで操る「フォイリングナクラ17級(混合)」。時速は50Kmを超え、セーリングの8種目の中でも最速。2016年のリオ五輪からの新種目で、2人は今回が日本代表として五輪初の出場となる。

 東京五輪では、世界各国の代表20チームが出場。6Kmの距離を約30分かけて行うレースを、1日3レース・4日間にわたる予選を行い、着順によるポイントを競う。最終的に獲得ポイントに応じて上位10カ国が、決勝へと駒を進めることができる。

種目変えての出場

 飯束さんは戸塚区出身。小学生からセーリングを始め、中・高校生の頃には既に国際大会などで活躍。今回セーリング会場となる江の島を拠点に練習に励んできた。

 リオ五輪では別種目で挑戦していたが、出場かなわず。それでも夢を諦めきれず、新しい種目のフォイリングナクラ17級に着目。競技から退いていた知り合いの畑山さんを、経験値と能力の高さから「五輪出場を目指そう」と誘い、翌年から出場を見据えて活動を始めた。東京五輪の出場国を決める予選の3大会で成績上位20カ国に入り、見事出場権を獲得した。

 出場内定を受けて飯束さんは「目標としていた出場を決められて、まずはホッとしました。応援してくれる人の期待を背に、決勝進出を目指して頑張りたい」と話し、「地の利もあるレースとなるので、今までの経験を生かしつつ緊張せずに伸び伸びとした気持ちで臨みたい。そして何より楽しみながらレースをしたいですね」と笑顔を見せた。
 

ペアを組む飯束さん(左)と畑山さん
ペアを組む飯束さん(左)と畑山さん

中区・西区版のローカルニュース最新6

区新人戦で初優勝

大和町バンビーズ

区新人戦で初優勝 スポーツ

粘り強い全員野球で

5月19日号

職員と通行人連携し救命

ジョイナス

職員と通行人連携し救命 社会

西消防署から感謝状

5月19日号

ベルギービールが集結

19日〜22日

ベルギービールが集結 文化

山下公園で約80種類

5月19日号

MM21地区が先行地域に

脱炭素

MM21地区が先行地域に 社会

CO2排出 30年度、実質ゼロ目指す

5月19日号

将来像描く意見交換会

山下ふ頭

将来像描く意見交換会 社会

市内4カ所で実施

5月19日号

園芸博協会に寄付金

キリンビバレッジ

園芸博協会に寄付金 社会

特別ラベルの生茶販売し

5月19日号

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook