中区・西区版 掲載号:2020年3月26日号 エリアトップへ

発見、街の歴史 小泉八雲の来浜130年 横浜港に下りたつ

文化

掲載号:2020年3月26日号

  • LINE
  • hatena
横浜のグランドホテルにすむマクドナルドを訪ねた折に(左が小泉八雲)/「増補新版文学アルバム 小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)」(小泉時、小泉凡共編 恒文社)より
横浜のグランドホテルにすむマクドナルドを訪ねた折に(左が小泉八雲)/「増補新版文学アルバム 小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)」(小泉時、小泉凡共編 恒文社)より

 日本の風土を愛し、日本に帰化した民俗学作家のラフカディオ・ハーン=小泉八雲(1850―1904)と言えば怪談、耳なし芳一、松江などが、一般的に脳裏に浮かぶ事柄ではないでしょうか。

 しかし、彼は、この横浜港に1890年4月4日に下りたったのです。今年は来日130年に当たります。

 彼は、グランドホテルのミッチェル・マクドナルド(1853―1923)に、帝大(現東大)教授のバジル・ホール・チェンバレン(1850―1935)への就職斡旋依頼(親友からの紹介状)を託し、数日間山下町93番地のインターナショナルホテルに宿泊しておりました。

 因みに当時グランドホテルは、帝国ホテルと同等の高額料金でした。

 八雲は、横浜のマクドナルドのもとを度々訪問し、1898年に、グランドホテルのマクドナルドを訪ねた折りの写真が曾孫の小泉凡家に残されております。

グランドホテルの米国人、遺産管理人に

 1904年八雲が亡くなると独身のミッチェル・マクドナルドは八雲の遺産管理人となり、また、遺児である長男一雄(1893―1965)を我が子のように、そして家族たちの面倒を彼が関東大震災で亡くなるまで、みておりました。

 長男の一雄は、震災前約3年間グランドホテルの地下倉庫係を手伝っておりましたが、肺疾患になり、温泉療養中に震災の難を逃れております。(文責・郷土史研究家 三浦清)

中区・西区版のローカルニュース最新6

詐欺防止に感謝状

横浜中郵便局

詐欺防止に感謝状 社会

100万円の家賃に待った

1月20日号

中学生が公演制作に

MMホール

中学生が公演制作に 社会

5月の本番へ 活動開始

1月20日号

「ひょうちゃんルーム」登場

ホテルアソシア新横浜

「ひょうちゃんルーム」登場 社会

崎陽軒初 期間限定コラボ

1月20日号

東儀秀樹コンサート

チケット販売中

東儀秀樹コンサート 文化

タウンニュースホール

1月20日号

4月以降は上昇傾向か

横浜市景況調査

4月以降は上昇傾向か 経済

飲食・宿泊業は厳しさ続く

1月20日号

12校にレモン植樹へ

新設NPO

12校にレモン植樹へ 社会

観光資源の開発一助に

1月20日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook