中区・西区版 掲載号:2021年2月18日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 パンチ絵で知られるワーグマン、没後130年 2月8日に有志が墓前祭

文化

掲載号:2021年2月18日号

  • LINE
  • hatena
横浜外国人墓地のワーグマンの墓で130年忌をしのぶ
横浜外国人墓地のワーグマンの墓で130年忌をしのぶ

 江戸時代末期の文久元(1861)年に来日したイギリス人の報道画家、チャールズ・ワーグマン(1832年〜91年)の没後130年忌に際し、命日である2月8日、中区山手の横浜外国人墓地で神奈川県立博物館の学芸員や郷土史愛好家ら有志10人ほどが参列し、ひそやかに墓前祭が行われた。

 ワーグマンは、イラストレイテッド・ロンドンニュースの美術特派員として、中国を経て日本へ。本国に記事を送る仕事をしながらも、油絵や水彩画などを描き、高橋由一や五姓田義松など日本人に絵画の指導をしたことで知られる。晩年まで横浜で暮らし、山手の外国人墓地に眠る。

 本業のほかにも漫画雑誌『ザ・ジャパン・パンチ』を発行。その大きな鼻のイラストは広く知られ、神奈川県立博物館のキャラクター「パンチの守」にも採用されるなど、現在も横浜に息づいている。

 墓前祭に参加した郷土史調べを趣味にする三浦清さんは「以前は『ハマの春はパンチ祭りから』と横浜に春を告げる馴染みの行事だったワーグマンの墓前祭は、少しずつ忘れ去られつつある。開港の地の近代史を飾った一人として伝えていきたい」と話していた。

中区・西区版のローカルニュース最新6

区新人戦で初優勝

大和町バンビーズ

区新人戦で初優勝 スポーツ

粘り強い全員野球で

5月19日号

職員と通行人連携し救命

ジョイナス

職員と通行人連携し救命 社会

西消防署から感謝状

5月19日号

ベルギービールが集結

19日〜22日

ベルギービールが集結 文化

山下公園で約80種類

5月19日号

MM21地区が先行地域に

脱炭素

MM21地区が先行地域に 社会

CO2排出 30年度、実質ゼロ目指す

5月19日号

将来像描く意見交換会

山下ふ頭

将来像描く意見交換会 社会

市内4カ所で実施

5月19日号

園芸博協会に寄付金

キリンビバレッジ

園芸博協会に寄付金 社会

特別ラベルの生茶販売し

5月19日号

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook