中区・西区版 掲載号:2021年3月25日号 エリアトップへ

加賀町署 PRキャラクターが誕生 ガチョウモデルに兄妹設定

社会

掲載号:2021年3月25日号

  • LINE
  • hatena
加賀丸くんとデザインした森谷さん(右)。同じく加賀姫ちゃんと作者の内藤さん
加賀丸くんとデザインした森谷さん(右)。同じく加賀姫ちゃんと作者の内藤さん

 140年余の歴史を持つ加賀町警察署のPRキャラクターがこのほど誕生した。3月13日には同署で作者2人に加藤雅道署長から感謝状が贈られた。

 キャラクターは「加賀丸くん」と「加賀姫ちゃん」の兄妹で、署名の由来である加賀藩の名称をもとにした。

きりっとした目つき

 加賀丸くんを森谷和真さん(19)=栄区在住=が、加賀姫ちゃんを内藤花歩さん(25)=都筑区在住=が作成。他一人がデザインに参加。イラストは計8つ用意された。森谷さんは母親が警察官という縁からデザインにチャレンジ。内藤さんは、加藤署長の家族の伝手で紹介されたという。

 加賀丸くんは、番鳥ともいわれるほどの警戒心を持つガチョウをモデルにしている。日ごろからスマートフォンで筋骨隆々のイラスト描くのが好きだという森谷さんは「治安を守る警察署のマスコットとして、きりっとした目つきにした」と説明する。1、2時間ほどで仕上げたという。

 その加賀丸くんのデザインを見たうえで、内藤さんは加賀姫ちゃんを作成。美大出身という内藤さんは、母親と妹と協力しながら2日ほどで完成させた。「加賀丸くんの容姿にあうよう袖を鳥の羽のようにしました」と話した。

 同キャラクターは3月13日から「公務」に就く。感謝状贈呈式に出席した加賀町防犯協会の高木正俊会長は「色々と活躍してもらえたら」と期待していた。

中区・西区版のローカルニュース最新6

科学の楽しさ 子どもに

科学の楽しさ 子どもに 教育

NPOがスタッフ募集

5月7日号

妻の介護記録一冊に

妻の介護記録一冊に 社会

中区不老町在住・青木さん

5月7日号

「鎖国」下の日英を紹介

開館40周年記念

「鎖国」下の日英を紹介 文化

横浜開港資料館で企画展

5月7日号

地元食材で朝食を

ベイシェラ

地元食材で朝食を 社会

地産地消の取組

5月7日号

声で活動意欲を可視化

声で活動意欲を可視化 経済

中区企業がアプリ開発

5月7日号

ミニチュアの魅力に迫る

横浜人形の家

ミニチュアの魅力に迫る 文化

ソフビ人形の展示も

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter