中区・西区版 掲載号:2021年4月29日号 エリアトップへ

4月1日付で西消防署長に就任した 西川 浩二さん 磯子区在住 58歳

掲載号:2021年4月29日号

  • LINE
  • hatena

基本を胸に消防行政推進

 ○…横浜市で初めて設置された消防署として100年以上の歴史を誇る横浜市西消防署。4月から、署長として指揮を執る。3月までは2年間瀬谷消防署長を務めた。横浜駅やみなとみらい地区を中心に、現在も進化し続ける横浜市の中心都市の署長として、組織と人事の管理など、マネジメントに取り組む。「地域の皆さんと連携をとるための潤滑剤になれれば」と意気込みを話す。

 ○…金沢区の乙舳(おつとも)海岸近くで育つ。竹藪を切って基地を作るなど、「海や山が庭替わりだった」と懐かしそうに振り返った。高校生の頃、「体力的にも性格的にも、消防官に向いてる」という恩師の助言や、「人のためになる職業に就くのはどうだ」という父親の言葉に背中を押され、消防を志すことに。「父と先生には感謝している。実は受験時、横浜消防しか受けていない。受かってよかった」と笑う。

 ○…一番印象に残っている救助活動は、海に落ちて心肺停止になった女性を蘇生させ、社会復帰させたこと。救急隊として消防庁長官賞を受賞した出来事でもあった。「迅速に対応するためには、当たり前のことをちゃんとやる。油断は、事故やミスに直結するため、基本を忠実にすることが大切だ。これがチーム力の向上にもつながる」と話し、着任式でも強調した。

 ○…2人の息子が小さい頃は、よくキャンプに出掛けたという。現在は、それぞれ親元を離れて暮らす。最近は「基地のような場所で贅沢な時間を過ごすのが醍醐味」とソロキャンプに夢中だ。署長として今後は、「職員一丸となり、また、西消防団の皆様とも連携し西区に住む人、訪れる人が安全・安心を実感できる街づくりを消防の立場で支えていきたい」と前を見据える。

中区・西区版の人物風土記最新6

大庭(おおば) 良治さん

(一社)横浜市私立保育園こども園園長会の会長を務める

大庭(おおば) 良治さん

中区在勤 62歳

6月10日号

村山 陽美さん

子育て世代向けに花のワークショップを開く

村山 陽美さん

西区東久保町在住 48歳

6月3日号

福崎 康平さん

5月に横浜・みなとみらいへ本社を移転したクックパッド(株)のJapan CEO

福崎 康平さん

西区在住 30歳

5月27日号

河原 奈里さん

復活オープンした日本初のカフェバー「アロハカフェ」のオーナー

河原 奈里さん

中区本牧原在住 40歳

5月20日号

阿久津 裕司さん

創建150年を迎えた伊勢山皇大神宮の宮司を務める

阿久津 裕司さん

西区宮崎町在住 54歳

5月13日号

上原 収二さん

6月から半年間にわたり連続回顧展を開催する

上原 収二さん

中区本牧町在住 69歳

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter