中区・西区版 掲載号:2021年10月28日号 エリアトップへ

街に新たな交流拠点を創出する(一社)からこそBOXの代表理事を務める 瀧脇 信さん 横浜市出身 24歳

掲載号:2021年10月28日号

  • LINE
  • hatena

「今だからこそ」交流の場を

 ○…「誰もが気軽に立ち寄り話せる場を作りたい」。そんな思いを実現すべく、中区を拠点に今年8月「一般社団法人からこそBOX」を設立した。「コロナ禍で思うように人と人との交流が取れなくなった『今だからこそ』やる意義がある」。数年前から温めていた街の出張型相談窓口となる移動式「屋台カフェ」の実施に向けて、アイデアを練る日々だ。

 ○…一緒に立ち上げた仲間2人は、石川町から関内に移転した「アートスペース『と』」で子どもたちに無料で学習支援を行う「つきしみの学校」の運営メンバー。芸術や医療など、異なる分野で活躍する仲間の感性に刺激を受けることも多く「自分では思いも寄らない考えや意見が聞けたりするのが楽しい」と人懐っこい笑顔を見せる。

 ○…今の活動につながる転機が訪れたのは、大学の合格発表の日。「突然父から『使い切るまで帰ってこなくていいから』と合格祝いの5万円を手渡されたんです」。戸惑いながらもその足で東北支援のため夜行バスに飛び乗り、偶然隣の席になった人に話しかけてボランティア先を紹介してもらった。現地の人たちとの交流や、所持金を全額被災地に寄付してヒッチハイクで帰った経験が、人との繋がりを考える大きなきっかけになったという。横浜市大で経営を学び、卒業後はネット物販業の個人事業主に。現在は横浜の実家を離れ、友人と町田市で一軒家をルームシェア中。家族は父母と妹はアイドルグループ「=LOVE」の瀧脇笙古(しょうこ)さん。

 ○…今まで出会った地域の人や子どもたちとの交流は自身の財産だ。だからこそ「家や職場、学校以外にも居場所や聞いてくれる人がいるよと伝えたい。様々な人が集まる場を作ることで、新たな価値も生み出せたら」

中区・西区版の人物風土記最新6

額田 樹子さん

11月30日に開業30周年記念のオンライン式典を開催するパシフィコ横浜の社長

額田 樹子さん

西区みなとみらい在勤 62歳

11月25日号

田口 竜太郎さん

「ミナトノアート2021」の代表幹事を務める

田口 竜太郎さん

中区元町在住 44歳

11月18日号

飯島 俊明さん

独自の消防器具を考案した西消防署の副署長

飯島 俊明さん

西区戸部本町在勤 58歳

11月11日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月4日号

瀧脇 信さん

街に新たな交流拠点を創出する(一社)からこそBOXの代表理事を務める

瀧脇 信さん

横浜市出身 24歳

10月28日号

吉田 昌義さん

椅子張りの高い技術が評価されて「横浜マイスター」に選ばれた

吉田 昌義さん

保土ケ谷区在住 78歳

10月21日号

厚木で宿泊するとクーポン進呈

12月1日~厚木の旅館・ホテルに宿泊すると1人1枚千円クーポンプレゼント!

https://www.atsugi-kankou.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月11日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook