中区・西区版 掲載号:2021年11月4日号 エリアトップへ

中区内の保育園 トーチでつなぐ駅伝大会 区内聖火ランナーが協力

教育

掲載号:2021年11月4日号

  • LINE
  • hatena
トーチの意志をバトンへ
トーチの意志をバトンへ

 中区内の年長児がいる保育園全29園(市立3・民間26)が参加する「トーチでつながる駅伝大会」が10月25日から始まった。新型コロナ感染拡大防止で7会場に分かれて実施。初日は東京2020オリンピック競技大会の聖火ランナーを招き、トーチを披露し、その意志を受け継いだバトンで駅伝が始まった。

 この取り組みは、園児の思い出づくりや、「同じ小学校に通う予定の友達との交流」を目的に毎年11月に本牧山頂公園で開催されている「駅伝大会」の特別企画。毎年、園児をはじめ、保護者や地域住民らが参加する1千人規模のイベントだ。しかし、新型コロナの影響で昨年は中止となり、「紙上」で駅伝大会を実施。園ごとに園児たちが描いた絵をつなぎ合わせ、縦2m×横16mの巨大な絵を完成させた。

 今年は、「実際に走りたい」という園児らの声もあり、29園全園が集まる駅伝大会ではなく、7会場に分かれて実施。10月25日から11月18日まで行われる。さらに東京2020の聖火ランナーでひらがな商店街ウエストアベニューの会長を務める飯田峰子さん=中区在住=の協力で、聖火トーチを使ったイベントを企画。園児たちがトーチに触れる機会を用意した。

リレーを実演

 初日は根岸森林公園のドーナツ広場で開催され、直井ユカリ中区長が応援に駆け付けた。トーチのレプリカを持つ聖火ランナーの飯田さんと同じくランナーで座間市の中学校教諭、對比地(ついひじ)康之さんも参加。園児たちの前で聖火トーチを持って、聖火リレーを実演。その後は、「何か夢中になって努力していれば、聖火ランナーにもなれる。一生懸命になれるものを見つけて頑張ってほしい」と飯田さんらがエールを贈り、園児らが持つバトンにトーチの意志を受け継いだ。

 駅伝競走で園児たちは、バトンを握りしめ、ゴールまで懸命に駆け抜けた。トーチの貸し出しに協力した飯田さんは「コロナ禍で沿道を走る聖火リレーができなかったが、子どもたちに本物のトーチで実演ができよかったです」と話した。

駅伝に臨む園児たち
駅伝に臨む園児たち

中区・西区版のトップニュース最新6

還元額 予算の5%

飲食店利用促進事業「レシ活」

還元額 予算の5% 経済

利便性に課題か

1月20日号

風そよぐ絵馬 境内に

日ノ出町子神社

風そよぐ絵馬 境内に 文化

地域活性、美術作家が一役

1月20日号

着物の悩み プロが解決

着物の悩み プロが解決 文化

魅力伝える「相談処」開設

1月13日号

全国「はばたく」30選に

石川町のひらがな商店街

全国「はばたく」30選に 経済

市内からは唯一

1月13日号

「つながり、元気づくりを」

中区長インタビュー

「つながり、元気づくりを」 政治

組織を越え、街一体で

1月6日号

イベント再開に意欲

西区長インタビュー

イベント再開に意欲 政治

対話激減に危機感

1月6日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook