中区・西区版 掲載号:2022年4月7日号 エリアトップへ

市政報告 市内経済を支え、市民の安全守る「横浜港」 自民党市会議員 松本 研

掲載号:2022年4月7日号

  • LINE
  • hatena

 令和元年に発生した台風15号により甚大な被害を受けた金沢区福浦・幸浦地区護岸、本牧海釣り施設、新たな物流拠点として整備が進められている南本牧ふ頭や新本牧ふ頭などの整備状況の視察が行われました。

地域・市民を守り憩いの場に

 台風15号による高波が押し寄せ、福浦・幸浦地区では護岸を乗り越え、多くの事業所への浸水、また、本牧海釣り施設でも釣り桟橋や管理棟が倒壊するなどの被害が発生しました。その後、福浦・幸浦地区では横浜市と国交省との合同調査など経て、高さ6・4mの護岸かさ上げ、消波ブロックの設置、民地への浸水を防ぐために1・2mの防潮堤が整備され、更に護岸沿いに遊歩道や釣りができる環境整備が検討されています。

 本牧海釣り施設は復旧工事のため営業を休止していましたが、桟橋や管理棟などの工事が完了し、3月22日より全面供用され、多くの方々が釣りを楽しんでいました。

「国際貿易港」市内経済支え

 横浜港は我が国を代表する国際貿易港であり、国際コンテナ戦略港湾として、急速に進んでいるコンテナ船の大型化、ロジスティック機能の強化などに対応するために南本牧ふ頭MC1〜4のコンテナターミナルの一体運用、本牧ふ頭D5コンテナターミナルの再整備、大黒ふ頭の延長1400mの自動車専用船岸壁などの整備を進めています。また、世界最大級のコンテナ船にも対応可能な水深18m以上、延長1000mの大水深高規格コンテナターミナル「新本牧ふ頭」の整備が始まり、令和10年代前半の完成を目指し、昨年10月から公共建設発生土等の受け入れを開始しています。

 横浜港は開港以来、日本を代表する国際貿易港としての役割を果たしてきました。我が国では生活に必要な品物や原材料の多くは、海外から輸入されており、輸入貨物の99・6%は海上輸送によるもので、これらを受け入れる横浜港は市内経済を大きく支えています。

 これからも国際競争力の強化に向けた港湾の整備、市民の安全や憩いの場を守る取り組みなどを推進してまいります。

港湾整備状況の視察の様子
港湾整備状況の視察の様子

松本研

横浜市中区宮川町2-44

TEL:045-261-2251

http://matsuken.hama1.jp/

中区・西区版の意見広告・議会報告最新6

物価高騰に補正予算で対策

市政リポート51

物価高騰に補正予算で対策

中区選出公明党市会議員 福島直子

6月30日号

6月の補正予算案が議決

市政報告

6月の補正予算案が議決

自民党市会議員 松本 研

6月23日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月16日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月16日号

不妊治療の保険適用実現

意見広告

不妊治療の保険適用実現

自由民主党 参議院議員 三原じゅん子/前内閣総理大臣・衆議院議員 菅義偉

6月2日号

横浜港、市内所得の3割を創出

市政報告

横浜港、市内所得の3割を創出

自民党市会議員 松本 研

5月26日号

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook