中区・西区版 掲載号:2022年6月23日号 エリアトップへ

市政報告 6月の補正予算案が議決 自民党市会議員 松本 研

掲載号:2022年6月23日号

  • LINE
  • hatena

経済とウクライナの支援に重点

 横浜市は、コロナ禍において原油価格や物価の高騰が続く中、国の制度に基づく生活困窮者への支援や経済支援、ロシアの侵攻により大きな被害を受けているウクライナへの支援のため、6月21日に臨時市会を開催しました。迅速に対応するため、1日限りの審議で令和4年度6月補正予算案が議決されました。

 補正予算の総額は113億5100万円(16事業)です。国費を活用した給付事業として▽低所得のひとり親世帯・低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金▽住民税非課税世帯を対象とした臨時特別給付金▽新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金支給事業の拡充など3事業(59億9700万円)が含まれています。

 一般財源(市税留保分4000万円、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金53億1300万円)は、原油価格・物価高騰を踏まえた経済支援に重点を置きました。▽飲食店を除く事業者で発行されたレシートの利用金額に応じてポイント還元やキャッシュバックなどを行う「レシ活事業」▽燃料費高騰の影響を受けるタクシー・路線バス事業者に対する市民の移動手段の維持・確保のための支援。及び公衆浴場の公衆衛生の向上・増進のための燃料費の支援▽省エネルギー対策を進めるための、次世代自動車・省エネ住宅の普及促進、省エネ農業用設備の導入、市営住宅や市民利用施設のLED化の推進▽学校給食物資購入の委託費増額などが挙げられます。

 また、横浜の姉妹都市・オデーサ市や避難を余儀なくされているウクライナの方々への支援のため、▽ウクライナ避難民への避難施設宿泊費用、市営住宅入居時の家具・家電の整備支援▽オデーサ市に対して飲料水確保のための浄水装置等の支援など、計13事業(53億5300万円)が盛り込まれました。

横浜の活力を取り戻す

 新型コロナウイルス感染症の新規陽性患者数は減少傾向にあります。医療提供体制への負担も軽減され、徐々に日常の活動や生活を取り戻しつつあります。

 しかし、急激な円安や燃料・原材料などの高騰により横浜の経済は今までにない厳しい状況です。経済の活性化はもちろん、人口減少や少子高齢化が進む中での安全・安心な社会の実現のため、これらの課題を解決し「自信と活力に溢れた横浜」の実現に向け努力してまいります。

松本研

横浜市中区宮川町2-44

TEL:045-261-2251

http://matsuken.hama1.jp/

中区・西区版の意見広告・議会報告最新6

物価高騰に補正予算で対策

市政リポート51

物価高騰に補正予算で対策

中区選出公明党市会議員 福島直子

6月30日号

6月の補正予算案が議決

市政報告

6月の補正予算案が議決

自民党市会議員 松本 研

6月23日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月16日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月16日号

不妊治療の保険適用実現

意見広告

不妊治療の保険適用実現

自由民主党 参議院議員 三原じゅん子/前内閣総理大臣・衆議院議員 菅義偉

6月2日号

横浜港、市内所得の3割を創出

市政報告

横浜港、市内所得の3割を創出

自民党市会議員 松本 研

5月26日号

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook