保土ケ谷区版 掲載号:2011年12月22日号
  • googleplus
  • LINE

地元体操クラブ 成長支え10周年 23日に記念発表会

スポーツ

楽しそうに体を動かす児童ら
楽しそうに体を動かす児童ら

 体操経験者らが、ボランティアで地元の子ども達を指導する「保土ケ谷ジュニア体操クラブ」が、このほど創立10周年を迎えた。

 同クラブは区内在住の小学校教諭・中村弘枝さんが、体操を通じて子ども達の成長を支えようと、2001年10月に発足。坂本小学校の体育館を利用し、週1回、3歳から高校生までを対象に指導を行ってきた。

 クラブ員から国体選手を輩出したこともあるが、基本的な活動主旨は「技術向上や一流選手を目指すのではなく、体操を通じて心身を成長させる」というもの。部員からは運営費のみを徴収し、指導者は全てボランティア。事務や経理などは部員の保護者が分担して担当している。運営費は備品購入や練習着の作成に使用。購入した跳び箱などは小学校に寄付し、クラブの練習用として共用している。

 保護者らは「子どもの成長が目に見えて分かるようになった」「体操だけでなく、礼儀などもしっかり教えてもらっている。ボランティアでやって頂き、本当にありがたい」と話す。発足当時は26名だった部員も、徐々に評判が広まり、現在は約100名。人気が高く、入会待ちの児童もいるという。

教え子が指導者に

 中村さんは、岩崎中学校を拠点とした同様の体操クラブを35年前から運営。坂本小付近に引っ越したのを機に、同校でもクラブを発足した。現在は、岩崎中のクラブを卒業した教え子らが、スタッフとして指導にあたっている。

 10周年を迎え中村さんは「ここで育った子ども達がそろそろ指導者になってくれる頃。クラブとしてはようやく軌道にのったというところですね」と話す。

 同クラブでは、10周年を記念し、発表会を開催。子ども達が練習の成果を音楽に合わせて披露する他、卒業生らによるパフォーマンスも予定している。発表会は12月23日(金)12時半開場、13時開演。会場は保土ケ谷公会堂。観覧希望者は当日会場まで。
 

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

公共施設の「多目的化」推進へ

補助対象地域を拡大

感震ブレーカー

補助対象地域を拡大

3月15日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月8日号

「診療可能」は旗が目印

災害時医療

「診療可能」は旗が目印

3月8日号

区の歌合唱団が10周年

悲願のJ1昇格へ船出

サッカーJ2横浜FC

悲願のJ1昇格へ船出

2月22日号

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

つるし雛 ズラリ

つるし雛 ズラリ

ギャラリーコーエンで企画展

2月28日~3月26日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク