保土ケ谷区版 掲載号:2020年9月24日号 エリアトップへ

地域活動ICT活用 核人材の発掘・育成へ 区が独自の支援策

コミュニティ社会

掲載号:2020年9月24日号

  • LINE
  • hatena

 保土ケ谷区は地域活動におけるICT(情報通信技術)活用を推進することを目的とした支援事業を開始すると発表した。NPO法人「パソコンよこはま宿」と連携しながら核となる人材の発掘・育成を図り、地域への定着をめざす方針だ。

 長引くコロナ禍で地域活動が自粛、縮小される中、感染対策と住民活動を両立させるため、オンライン会議やSNSなどのICTを活用した取り組みが新たな地域の活動、交流の手段として注目されている。

 区内では10の自治会から成る常盤台地区連合町内会(石川源七会長)が5月末にビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を使い役員会を開催。この時、中心的な役割を担ったのが30代・40代のメンバーだった。

 関係者の多くがICTを使える環境が整っていたこともあり、パソコンやタブレット端末などの操作に不慣れな年配の役員にも操作方法などをレクチャー。初のビデオ会議は比較的スムーズに進行した。

 今回、区が独自の支援策を講じる背景にはこの成功事例がある。区政推進課の宮本薫課長は「核になる人材を発掘・育成し、地域へ定着させる。ここがポイントとなると考えている」と話す。

 自治会町内会や、商店街、民生委員児童委員などの各種委嘱委員とその構成団体などを対象とした独自の支援メニューは▽Web会議への参加方法や開催方法などに関する知識・技術を学ぶ研修会の実施▽Web会議の実施段階での助言などの支援を行うアドバイザーの派遣▽一部の区民利用施設でのWeb会議用機器の貸出――の3つ。研修会とアドバイザー派遣は10月から、機器の貸出については11月からスタートする。

 初回となる研修会は10

月17日(土)、24日(土)に市民活動センターアワーズで開かれる。両日とも午前9時30分から正午までで、受講料は無料で定員は先着順で10人。申し込みは28日(月)から。問合せは区政推進課【電話】045・334・6227へ。
 

創業88年、確かな実績

お墓のことは市内最大の墓石展示場のある石半にご相談

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 社会

補助金活用も改修費重荷

10月22日号

環境行動賞を受賞

カーリットの森を守る市民の会

環境行動賞を受賞 社会

長年の活動が評価

10月22日号

選手と「夢トーク」

横浜FC

選手と「夢トーク」 スポーツ

児童20人ほど リモートで

10月15日号

競歩2選手 関東へ

保土ケ谷高陸上部

競歩2選手 関東へ スポーツ

コロナ禍での自主練実る

10月15日号

コロナ禍で独自演奏会

区内7中学吹奏楽・MB(マーチングバンド)部

コロナ禍で独自演奏会 コミュニティ教育

YCVなどで動画配信

10月8日号

移動販売で買い物支援

市営住宅コンフォール明神台

移動販売で買い物支援 コミュニティ社会

指定管理者用駐車場を利用

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク