鶴見区版 掲載号:2011年5月19日号
  • googleplus
  • LINE

共産党 古谷 靖彦(ふるや やすひこ)さん

―議員としての信念は?

古谷 昨年1年で100件の生活相談を受け、そのうち約半数は、生活保護認定を受けるまで区役所へ付き添った。平時はもちろん、今回のような災害時など、色んな意味で弱い人たちの助けになれるような存在でいたい。

―今後どのような問題に取り組みたいですか?

古谷 市は国民健康保険証の取り上げ世帯が全国的に多い。病院勤務のとき、「恥ずかしくて病院に行けない」という人も見てきた。元医療従事者として、「医療にかかりやすい」「福祉の受けやすい」横浜市にしていきたい。また、30代で子育て中の父として、中学校給食の導入、県内で最低の小児医療費助成、待機児童解消、この3つが気になるところ。子育て環境の改善に向けて、こうした問題に取り組みたい。待機児童の問題は、市が今年度の予算で解消できると明言していたので、しっかりと中身を見定めていきたい。

―現在の市政への評価は?

古谷 林市長は、諸問題解決のために踏み込んだ政策を出している。一方で、関内地区や横浜駅といった大規模な再開発を行うなど、そこまで必要としないものに予算を割いていると思う。お金の使い道で、優先順位のつけ方が違うと感じる部分がある。これからは出された提案に対し、党として自分たちなりに考えていく。

―区民にメッセージを。

古谷 生活相談が自分のベースにある。商売や生活が厳しいといった困りごとがあれば、気軽に相談してもらえれば有り難い。そして今後は、区民の皆さん一人ひとりが投票した議員たちが、日ごろどんな仕事をしているのか、ぜひ横浜市会を見てほしい。
 

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

プール水500トン 消火用に

鶴見から東北へ祈り

いざに備え 本部訓練

しょうじゅの里小野で内覧会

市長を表敬訪問

潮田中マーチングバンド部

市長を表敬訪問

3月15日号

三ツ池公園に記念樹

おっさんネットワークつるみ

三ツ池公園に記念樹

3月15日号

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク