鶴見区版 掲載号:2012年4月12日号
  • googleplus
  • LINE

鶴見警察署長として3百人を超える署員の指揮を執る 渡邉 道雄さん 区内在住 58歳

発想と興味で街を守る

 ○…3月19日付で新署長に就任した。前任は県警の刑事総務課。「警察の仕事は地域の理解と協力が不可欠。土地や風土、文化を知らないとできない」。就任から約1カ月。街を知るため積極的に地域と触れ合っている最中だ。初めての鶴見は、「人と車の動きが多く、活気を感じる」という印象。「どんどん好きになりたい」と意欲を見せる。

 ○…1976年に県警に。採用前、ルールなど厳しいイメージだった警察官。「入ったらやっぱり厳しかった」と一笑。一つの課を継続することが多い警察の中では珍しく、交通、警備、刑事と渡り歩いた。「たまたまそうなった。どこにでもやりがいや楽しみはあった。良い経験」と柔軟だ。鎌倉署以来となる2回目の署長職。「明るく風通しのいい職場にしたいね。内にも外にも」。就任の訓示で、署員にもそう伝えた。

 ○…生まれ育ち、居を構える金沢区を離れ、現在は区内の公舎でひとり暮らし。ここ数年、楽しんでいるのは自転車。愛車を自宅から運び、運動もかねて区内を回っている。「時間があまりなくて、ようやく鶴見駅の東側を走った。これからは山のある西側に挑戦する」。

 ○…自らを「発想癖がある」と自嘲気味に笑う。「マンホールの形って面白いなとか、この造形はこれと共通しているとか。考えることが好き」。その最たる結果が、犯罪情報をデータ化し分析することで犯行を予測するシステム「神奈川版コムスタット」の開発だ。現在、県警全署で導入され、実際に犯人検挙に至った事例もあるシステムをほぼ一人で考案した。「96年に異動したシステム開発班で考えた。当時、交通事故防止のための統計システムが出たばかりで、それを見てひらめいた」。システム開発の知識はゼロ。得意な仲間の手を借りながら、興味だけで実現にこぎつけた。「うまく使えば、鶴見の犯罪はもっと減るはず」。目の奥に力強さと心強さが光った。
 

千葉移住計画 体験型バスツアー

3月4日昼食・お土産付き 予約制無料 問合せ☎045-534-0159 

https://withearth-kanagawa.co.jp/event-form/?post_id=75

2/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6件

伊藤 充繁さん

矢向地区連合会の交通部長を務める

伊藤 充繁さん

2月15日号

石渡 宏衛さん

90周年を迎えた鶴見薬剤師会の会長として活躍する

石渡 宏衛さん

2月8日号

山田 三夫さん

仲間とともに区制90周年記念チャリティー社交ダンスパーティーを企画する

山田 三夫さん

2月1日号

伊藤 詔子さん

史季の郷ボランティアの代表として活躍する

伊藤 詔子さん

1月25日号

畑井(はたい) 勝也さん

鶴見中央地域内で緑化推進運動を行う

畑井(はたい) 勝也さん

1月18日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

1月11日号

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン45万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

片づけのプロに学ぶ

片づけのプロに学ぶ

21日 区役所で

2月21日~2月21日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク