鶴見区版 掲載号:2012年8月16日号
  • googleplus
  • LINE

馬場花木園でサギソウを育てている 笠島 享史さん 北寺尾在住 77歳

サギソウ我が子のように

 ○…先月花をつけた馬場花木園のサギソウ。その世話をたった一人でしている園のボランティアだ。昨年は猛暑の炎天下で花芽が焼け上手く咲かないものが多かった。「今年は日よけの屋根を作って対策しているが、天気予報のチェックは毎日欠かせない」。冬は土の中でできる種を守るのも一苦労。「湿地の植物だから種を浅いところに作るでしょ。霜が降りると地中から種が持ち上がってしまう。だから寒い日はすだれをかけてやらないと」

 ○…サギソウとの出会いは10年ほど前のこと。勤めていたタクシー会社を退職し、ボランティアをしていた寺尾地域ケアプラザで、サギソウを趣味で育てていた利用者がいた。「毎年夏に他の人にも見せようと持ってきていて。みんな楽しみにしていた」。そんなある日、サギソウの世話を頼まれた。「もともと高齢で将来も育てられるか心配だったそうで。それまで園芸などやったことはなかったがダメにしてはもったいないと思い引き受けた」。最初は自宅で一鉢から始め、最終的には50鉢ほどを譲り受けると、花木園で育て始めた。初めて園でサギソウが花をつけると、かつての持ち主は「よくやってくれた」と話していたという。それからほどなくして、この世を去ってしまった。

 ○…持ち主の思いを引き継ぎ、愚直なまでにサギソウにのめりこんできた。その理由は自分でもよくわからないという。「『子どもを育てているようですね』なんて言われることもある。確かにそれはなきにしもあらずで。誰にも触って欲しくない気持ちもあって一人でやってる。それじゃいけないんだろうけど」。娘のことを思う父親のように、照れ笑いを浮かべる。

 ○…「今年は花と花の間がスカスカになってしまった。来年は花壇を花一杯にしたい」。また来年、いくつものサギソウが本物のサギのように飛び立つように。今日も人知れず小さな白い花を見守り続ける。
 

千葉移住計画 体験型バスツアー

3月4日昼食・お土産付き 予約制無料 問合せ☎045-534-0159 

https://withearth-kanagawa.co.jp/event-form/?post_id=75

2/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6件

伊藤 充繁さん

矢向地区連合会の交通部長を務める

伊藤 充繁さん

2月15日号

石渡 宏衛さん

90周年を迎えた鶴見薬剤師会の会長として活躍する

石渡 宏衛さん

2月8日号

山田 三夫さん

仲間とともに区制90周年記念チャリティー社交ダンスパーティーを企画する

山田 三夫さん

2月1日号

伊藤 詔子さん

史季の郷ボランティアの代表として活躍する

伊藤 詔子さん

1月25日号

畑井(はたい) 勝也さん

鶴見中央地域内で緑化推進運動を行う

畑井(はたい) 勝也さん

1月18日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

1月11日号

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン45万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

片づけのプロに学ぶ

片づけのプロに学ぶ

21日 区役所で

2月21日~2月21日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク