鶴見区版 掲載号:2014年3月27日号 エリアトップへ

区内女子高生チア&ダンス部 3校計9チームが全国へ あす、幕張メッセで勝負

スポーツ

掲載号:2014年3月27日号

  • LINE
  • hatena

 アメリカ西海岸のチアリーディング普及団体・USAナショナルズの日本支部が主催するUSAナショナルズ全国大会「スクール&カレッジナショナルズ」(千葉県幕張メッセ、3月27・28日開催)に、区内3校(橘学苑、法政女子、市立東)が出場する。大会は、事前に開かれる地区大会で基準点をクリアした精鋭チームが、チアとダンス部門で出来栄えを争う。区内の高校生が、強豪ひしめく全国の舞台に立つ。

ノーミスの演技を 橘学苑「FORTES」

 橘学苑高校=獅子ヶ谷=のチアリーディング部「FORTES」は、ショーチア部門ノービス編成に出場する。

創部2年の快挙

 野球部などの応援のためにと、一昨年に創部した同校チア部。全国は創部2年目の快挙だ。部長を務める日下るみさん(2年)は、「まさか自分たちが全国に出られるなんて思ってもみなかった。夢みたい」と喜ぶ。

 指導するコーチらが、「チアの楽しさを知るのは大会に出るのが一番」と後押しし、初めて出場した昨夏の大会。印象に残る演技を披露したチームに贈られる「ベストインプレッション賞」を獲得した。日下さんは、「嬉しかった。表彰されて糧になった」と振り返る。

10人で大舞台に挑む

 部員は現在、2年生7人、1年生3人の計10人。専用の練習場所はなく、教諭や生徒らが行きかう校内の共有スペースで、週5日、マットを引くなど工夫しながら取り組んでいる。

 進学準備のため、2年生が出られる大会はこれが最後。「みんながんばってきた。ノーミスの演技が目標」と日下さん。初出場となる大舞台で、さらなる快挙を目ざす。

2連覇目ざす 法政女子高「METEORS」

 法政大学女子高等学校(和仁達郎校長)=岸谷=の応援部「METEORS」は、部員数37人。週4回の練習を基本に、日々努力を重ねてきた。

 全国大会出場は今回で2回目。昨年はショーチア部門ノービス編成で初出場ながら優勝という快挙を成し遂げた。昨年の好成績から部員は「プレッシャーを感じていた」という。しかし、全国への予選となる東京大会では、基準点を突破し見事1位という結果を残すことができた。

 部長の内田美潮さん(2年)は、「決まった時はほっとした」と笑顔を見せる。

 全国出場決定後は、気持ちのゆるみが課題になることもあった。「しばらく浮かれてしまっていた面もあった。モチベーションを上げるのは大変だった」と部員らは振り返る。

 日頃から「練習から楽しんで演技する」ことを心がけてきたという部員。大会直前の練習では、「いい雰囲気。やる気と楽しさが伝わるものになってきている。このまま本番でも演技できれば」と自信を見せていた。

 目ざすのは2連覇。「地区大会では失敗もあったので、満足いく演技をしたい」。目標へ部員の思いを一つにして、本番に挑む。

団結力でいざ入賞へ 東高「SCARE CROW」

 ソング・ポン・ダンス部門に出場する東高校チアダンス部は、部員総勢45人。同大会では過去2回、印象深い演技を披露したチームに贈られるベストインプレッション賞を受賞している。部長の村本佳南さんは「ずっと全国を目ざしてきた。先輩も受賞したベストインプレッション賞を狙いたい」と意気込む。

 出場するのは、2年生部員18人の「SCARE CROW」。部内の学年混合オーディションを、2年生全員で勝ち取った。「他のチームにない仲の良さがある」と、村本さんは団結力の強さを語る。

落選もあきらめず

 全国大会出場までの道のりは平たんではなかった。一回目の選考では予選落ち。2年生にとっては後がない状況に追い込まれた。しかしそこからチームは団結し、2月に行われた大会で見事基準点を突破。「時にぶつかり合うこともあるが、常に仲良し」と石井由香コーチが評するチーム力で這い上がってきた。

 大舞台を前に、チームには笑顔が溢れている。村本さんは「2年生にとって最後の大会。私たちらしいチアダンスを全国で披露できれば」と活躍を誓った。

感謝込め笑顔で 東高ダンス部

 東高ダンス部からは、ヒップホップ部門スモール編成に6チームが出場する。27日にセミファイナルが行われ、勝ち上がった8チームが翌日のファイナルに進出できる。部長の石塚実李さんは「全チームが出場できるのが嬉しい。ファイナル進出を」と熱意を燃やす。

 5年連続の出場となった同部。卒業生が良い成績を残してきただけに、プレッシャーは大きかった。

 一度目の選考は落選。それでも「改善点を話し合った。何とか先輩たちに続きたかった」とあきらめなかった。声を掛け合い、背中を叩き合って手にした全国の切符。石塚さんは、「顧問の先生、保護者の方、クラスメイトなどたくさんの人の支えがあってここまでこれた」と感謝の気持ちを忘れない。

集大成を笑顔で

 個性豊かな衣装は、各チームそれぞれでテーマに合わせて考えた。石塚さんのチームのコンセプトは「狼」。「出てきた瞬間にインパクトを与えたい」と大舞台での躍動を誓う。

 「集大成となる大会なので、笑顔で踊りたい」と石塚さん。部員一丸となって、最高のパフォーマンスを見せるつもりだ。

元気いっぱいの部員たち
元気いっぱいの部員たち
楽しそうに活動する部員ら
楽しそうに活動する部員ら
仲の良さが武器
仲の良さが武器
笑顔を見せる東高ダンス部
笑顔を見せる東高ダンス部

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

19日に臨海フェス

19日に臨海フェス 社会

ゲームや模擬店ずらり

10月17日号

次世代に伝える地元文化学ぶ

次世代に伝える地元文化学ぶ 文化

「田祭り」テーマに

10月17日号

チェロの舞台 20日に

小山さん 叙勲祝賀に250人

小山さん 叙勲祝賀に250人 社会

関係者ら貢献に感謝

10月10日号

「思いやり大切に」

鶴見区高齢者交通安全大会

「思いやり大切に」 社会

一日署長・森田さん呼びかけ

10月10日号

SDGsで県と連携

区内4社

SDGsで県と連携 社会

パートナー登録

10月10日号

鶴見の近現代をひも解く

鶴見の近現代をひも解く 文化

郷土史展 15日から

10月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク