鶴見区版 掲載号:2014年9月25日号 エリアトップへ

「鶴見駅に中距離電車を」 停車実現めざし新団体

社会

掲載号:2014年9月25日号

  • LINE
  • hatena
あいさつする小山会長(中央)
あいさつする小山会長(中央)

 JR鶴見駅への中距離電車停車実現などを目ざし、区民や区内団体らによる「鶴見駅中距離電車停車等推進期成会が、9月19日に設立された。同会は今後、区民への要望周知や理解を進めつつ、横浜市やJR東日本へ要望書の提出などを行っていく。

 JR鶴見駅への中距離電車停車の要望は、昭和40年代から続く区民の大願。要望書の提出は毎年行われており、1989年からは区民らによって組織された団体が継続してきた。

 昨年までは、鶴見まちづくり推進会議の副都心整備促進部会が担ってきたが、3部会ある同会議が形骸化してしまったことなどを理由に、昨年度で発展的に解散。期成会は、先人たちの活動を引き継ぐ形で設立された。

要望書提出へ

 19日に行われた設立総会では、現在、県央部から都心へのアクセス向上を目的に整備中の相鉄・JR直通線「東部方面線」が、鶴見駅には停まらずに通過することなどを受け、同線の停車実現を目的とすることなどが確認された。

 また、提出する要望書の内容案も示され、中電停車のほか、JRへは駅施設の充実や駐輪場整備、安善駅のトイレ設置、市へは横浜環状鉄道の早期実現などを盛り込んだ。要望書は市に10月中、JRには来年2月ごろ提出する。

 期成会の会長に選出された小山和雄鶴見区自治連合会会長は、市がJRの子会社に依頼している調査にふれ、「鶴見駅を走る貨物線に、プラットフォームが作れるかどうか検討していると聞いている。長年にわたる要望のため、みんなで協力を」と、区内一致団結を呼びかけた。

代表に自治連会長

 今回、期成会に名を連ねるのは、区内各地区の自治連合会会長や、鶴見区社会福祉協議会、横浜商工会議所鶴見支部など、各団体の会長ら23人。今後は要望実現に向け、多くの団体・企業らに参加を呼びかけていくという。

 期成会役員に選出されたのは以下のとおり。

▽会長・小山和雄(鶴見区自治連合会会長)▽副会長・寺嶋之朗(鶴見区工業会会長)▽副会長・岡野誠一(鶴見区商店街連合会会長)▽監事・長谷川勝一(公益社団法人鶴見法人会会長)▽横山智司(公益社団法人神奈川県宅地建物取引業協会横浜鶴見支部支部長)敬称略・順不同。カッコ内は所属団体。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

市内に特設交付拠点

マイナンバーカード

市内に特設交付拠点 社会

市、21年度に向け検討

1月21日号

樹名板に二次元コード

馬場花木園

樹名板に二次元コード 文化

情報発信を強化

1月21日号

“食”で留学生など応援

“食”で留学生など応援 社会

地元企業3者がコラボ

1月14日号

「敵はコロナ」 共同でチラシ

区内個人飲食店

「敵はコロナ」 共同でチラシ 経済

鶴見中央7店 販促シェア

1月14日号

地域活性化へ“新様式”模索を

区長インタビュー

地域活性化へ“新様式”模索を 社会

前例とらわれず、区民とともに

1月7日号

石川区連長に総務大臣賞

石川区連長に総務大臣賞 社会

自治会での功績に評価

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク