鶴見区版 掲載号:2015年6月18日号 エリアトップへ

未成年飲酒 コンビニに防止ポスター 死亡事件受け、指導員啓発

社会

掲載号:2015年6月18日号

  • LINE
  • hatena
防犯指導員からポスターを受け取るコンビニ店員
防犯指導員からポスターを受け取るコンビニ店員

 昨年12月に区内鶴見川河川敷で起きた未成年による飲酒暴行死事件を受け、区内防犯関連団体らが6月10日、区内のコンビニで啓発ポスターの配布を始めた。今後、区内全店舗へのポスター掲示を目ざしていくという。

 事件が起こったのは昨年12月。鶴見川河川敷で区内在住の高校生3人が中学校の同級生である男子専門学校生に酒を飲ませ、暴行を加えた上で放置し、水死させた。被害者は今年1月7日に遺体となって発見され、調査の結果、酒類は区内のコンビニで購入していたことがわかったという。

 取り組みは未成年の飲酒防止のために、鶴見警察署の協力のもと、鶴見区防犯協会、鶴見地域防犯連絡所協議会、鶴見警察少年補導員連絡会、鶴見防犯指導員連絡会などの区内防犯関連団体が連携し実施。鶴見中央周辺では少年補導員らによる配布がはじまっているという。鶴見防犯指導員連絡会の小澤稔会長は「地道に続けることが大切。自分の町から未成年飲酒を出さないよう、意識を高めていきたい」と話す。

 ポスターは「当店では未成年者に酒類・タバコを販売しません」という意思表示が描かれたもの。6月10日には防犯指導員らが尻手駅と矢向駅周辺のコンビニ6店舗を回り、ポスター掲示を依頼していた。

区内は増加傾向

 鶴見警察署によると、昨年の区内の未成年飲酒による補導数は30件で、一昨年と比べ増加したという。

 ポスターを受け取ったファミリーマートサンズ矢向6丁目店の下里天彦店長は「未成年がお酒を買うために保険証などの身分証明を使いまわしているという情報もある。難しいことだが、少しでも怪しいと思ったら声をかけるなど、年齢確認を徹底していくしかない」と話していた。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

児童虐待防ぐ、啓発企画

児童虐待防ぐ、啓発企画 社会

有志区民ら“オレンジ”広める

10月29日号

事業のオンライン化推進

市内ケアプラ等

事業のオンライン化推進 社会

全館にWi−Fi整備へ

10月29日号

無事の証に黄色いカード

豊岡第三

無事の証に黄色いカード 社会

災害時の共助推進へ

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

食ロス削減機運高まる

協力団体を募集

食ロス削減機運高まる 社会

 食品回収場所が増加

10月15日号

分散、密回避で開催へ

生麦de事件まつり

分散、密回避で開催へ 社会

工夫重ね、60店が参加

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク