鶴見区版 掲載号:2015年7月2日号 エリアトップへ

横浜文化賞の浅海氏祝う 生麦事件の伝承に貢献

社会

掲載号:2015年7月2日号

  • LINE
  • hatena
あいさつに立った浅海さん
あいさつに立った浅海さん

 生麦事件参考館の浅海武夫館長(85)の横浜文化賞、神奈川県知事特別賞受賞を祝う会が6月25日、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルで開かれた。

 浅海さんは、明治維新から近代日本につながる生麦事件について、30年以上にわたり研究。独自に国内外から貴重な資料を集め、私設の参考館を設立したことなどが認められ、昨年11月に横浜文化賞、今年3月に、神奈川県知事特別賞を受賞していた。

 会は、生麦事件に関する著書もあり、浅海さんと親交のある元神奈川県知事の松沢成文参議院議員が発起人代表となり企画。多くの来賓が駆けつける中、約100人の参加者が浅海さんの快挙を祝った。

専門家も唸る資料収集

 生麦の酒店に生まれ育った浅海さん。生麦事件を研究するようになったのは、家業を継いだ後の1976年から。鹿児島から偶然来店した男性に、生麦事件碑を案内したことがきっかけだった。後日届いた礼状に、「日本にとって歴史的意義のある事件なのに、資料館の一つもない」とあった。

 「地元に住んでいるのに何も知らなかった。何かしなければと思った」と浅海さんは振り返る。

 以後、19年をかけ、専門家も驚くほどの貴重な資料の数々を収集した。94年、私財を投じて生麦事件参考館を開設。早稲田大学文学部史学科で10年間、近代史を学び直し、語り部として全国各地で行った講演は255カ所を数えた。

一度は閉館も

 昨年5月、浅海さんの体調不良などを理由に閉館した同館。閉館後に受賞した浅海さんは「賞をもらったのにかっこつかない」と、再オープンを決意。現在はこれまで通り開館中だ。

 会当日、「生涯で今日が一番晴れがましい。やってきてよかった」と喜んだ浅海さん。今後も体が許す限り続ける意向を示し、その後は鶴見歴史の会への移管も考えているという。

□生麦事件…1862年8月21日、当時の生麦村で大名行列に乱入した英国人4人を薩摩藩士が斬りつけた殺傷事件。その後、薩英戦争から明治維新につながり、日本の近代化の発端となった。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

最期の別れに”安心”を

最期の別れに”安心”を 経済

斎場や寺 変わる葬儀

7月2日号

フェイスシールドを寄贈

鶴見北RC

フェイスシールドを寄贈 社会

コロナ対策 三師会に480枚

7月2日号

花木園のハスが見頃

花木園のハスが見頃 文化

7月上旬に観賞会

7月2日号

子どもの支援団体募集

唐松選手(区内在住)、世界へ

現役東大生フットボーラー

唐松選手(区内在住)、世界へ スポーツ

運動は苦手―変えたアメフト

7月2日号

鶴見中央に児童福祉施設

鶴見中央に児童福祉施設 社会

相談や支援の受け皿に

7月2日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク