鶴見区版 掲載号:2016年2月18日号 エリアトップへ

開港祭大使を募集 市内各地でPR活動

社会

掲載号:2016年2月18日号

  • LINE
  • hatena
以前の開港祭親善大使たち
以前の開港祭親善大使たち

 初夏の風物詩「横浜開港祭」が6月1日(水)と2日(木)に行われる。実行委員会では、4月中旬から当日まで開港祭のキャンペーン活動をサポートする「親善大使」を募集している。

 活動内容は、主に土・日・祝日に横浜市内の主要駅などで開港祭をPRする。開催当日は、会場でのイベントスタッフ活動やインフォメーションでの受付対応、その他、キャンペーンの手伝い。また、テレビやラジオなどのメディアへの出演や雑誌などのインタビュー対応なども。時間は3、4時間から全日など活動により異なる。

 対象は18歳以上の明るい女性(高校生は不可)で、人数は12人を予定。外国人留学生も歓迎している。

 選考は書類審査の上、面接。希望者は履歴書(写真添付)1部を下記まで郵送する。〒231-0012横浜市中区相生町1の18光南ビル2F-B号室、横浜開港祭実行委員会「開港祭親善大使応募係」へ。3月8日必着。(問)同実行委【電話】045・212・5511

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

三ツ池フェス中止に

三ツ池フェス中止に 社会

実行委 コロナ受け苦渋の決断

4月9日号

横浜「丼」王へ55品

横浜「丼」王へ55品 社会

商店街「ガチ」 区内うまかべん参戦

4月9日号

未来へ手紙 希望に

未来へ手紙 希望に 社会

ベルロードがポスト

4月9日号

市民施設休館5月6日に延長

ドライバーを養成中

子育てタクシー協会

ドライバーを養成中 教育

需要安定 認定2千人

4月2日号

市民施設休館12日まで延長

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月9日号

お問い合わせ

外部リンク