鶴見区版 掲載号:2017年4月20日号 エリアトップへ

鶴見区民 区への愛着低く 市意識調査 18区で最下位

社会

掲載号:2017年4月20日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市民の生活意識などを調査する「横浜市民意識調査」で、2016年度の調査結果がこのほど発表された。発表によると、回答者の鶴見区民のうち、鶴見区に愛着を感じている人は56・0%で、18区別の結果中最低。市政に対する満足度も市内で最も低かった。

 調査は、横浜市が毎年実施。市内に居住する20歳以上の男女を対象に調査し、16年度は2194人が回答。そのうち鶴見区民は159人だった。質問は「生活価値観」や「地域におけるつながり」など6項目について尋ねた。調査結果は、回答者全体のほか、区別、地区ブロック別、年齢別などで分析している。

新住民多く

 「定住意識」についての項目では、鶴見区民は現住地居住年数5年未満の人が市内で4番目に多く、横浜市外からの移住者の割合が他区より比較的高い。

 「地域への愛着」について聞いた項目では、横浜に対して愛着を感じている人は全体で79・1%、住んでいる区に対しては、67・8%の人が愛着を持っていると答えた。一方で鶴見区民は、横浜への愛着を感じているのは70・4%。市内では瀬谷区に次いで2番目に低かった。区に対して愛着を感じているのは56・0%で、市内で最も少なかった。

 愛着度が低い傾向は過去の調査から続いている。15年度の調査では、横浜への愛着、区への愛着ともに「感じていない」人が市内で最も多かった。13年度調査においても、市への愛着を感じている人の割合は市内最下位だった。

市政に不満か

 市政全体への満足度についての項目では、回答者全体の38・6%が満足しており、不満とした人は12・4%。そのうち鶴見区民は満足と答えた人は27・0%、不満は15・7%で、市内で最も満足度が低く、不満度が高かった。選択制で市政に対する要望を聞く項目で最も鶴見区民が選んだのは、「地震などの災害対策」と「高齢者福祉」だった。

 結果に対し、区担当者は「新区民に地元の魅力がまだ浸透していない可能性もある。今年は区制90周年の節目。地域全体にPRしていきたい」と話している。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

「市民の安全・安心支える」

「市民の安全・安心支える」 経済

林市長、新年度の思い語る

4月2日号

鶴見消防団に大臣感謝状

鶴見消防団に大臣感謝状 社会

団員大幅増が評価

4月2日号

鶴見中央に“まちのリビング”

鶴見中央に“まちのリビング” 社会

市民整備 4月1日から

3月26日号

市内経済に深刻な影響

新型コロナ

市内経済に深刻な影響 経済

融資認定832件、31億円超

3月26日号

ハマ弁を中学校「給食」に

横浜市

ハマ弁を中学校「給食」に 教育

3月末までに原案策定

3月19日号

”防災のまち”に大臣賞

市場西中町

”防災のまち”に大臣賞 社会

16年 地道な取組に評価

3月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク