鶴見区版 掲載号:2017年9月21日号 エリアトップへ

鶴見歯科医師会の会長に就任した 佐藤 信二さん 小野町在住 43歳

掲載号:2017年9月21日号

  • LINE
  • hatena

「知覚動考(ちかくどうこう)」で切り拓く

 ○…横浜市歯科医師会の常務理事、神奈川県歯科医師会の青年部、6月に始まった鶴見医師歯科医師会館の建て替え事業では責任者と、さまざまな場面で実務を担ってきた。その中、立候補制の会長選挙に今夏、手を挙げた。「いつかを待つのではなく、動ける会長になりたかった」。市の理事と地区会長との兼任は会史上初めてのこと。実務の先頭にいるからこそ、会長に生かせる。そう感じている。

 ○…生まれも育ちも小野町。歯科医の父の背中を見て育ったが、追う気はなかった。高校時代は文系を選択しようとしたほど。母に「理系を」と頼まれたのが始まり。最初は落ちこぼれだった。一年浪人し、鶴見大学歯学部へ入学後も、歯科医はどこか他人事だった。「スネをかじりまくって遊んだ。だらけた遊び人」。自嘲して笑う。訪れた転機は国家試験。受かった親友に、飲み会で落ちたことをからかわれた。芽生えた反骨心。次の一年間、通った予備校での成績はトップだった。

 ○…自院の診療、数々の役職に加え、セミナー講師として全国も飛び回る。診療後のランニングや、好きな買い物など、合間も予定はびっしりだ。「暇になると何していいか」と一笑。高1の娘、小5の息子といるのが好きな時間というが、多忙さから限られたひと時。「家族は我慢しているところがあるかもしれない」。言葉の裏に感謝がにじむ。

 ○…100年を超える会の歴史。前会長や諸先輩たちの後押しで重責に向かうが、一番はかつて会長だった父の存在。会議のために休診し、家にいなかった父。「子どものころは不思議だった」。自治会など地域にも奉仕し続ける背に、「血筋を感じる」と、各方面で活動する自身と重ねる。会員減少の課題、災害対策など会に対する地域貢献への要請、取り組むべきことは多い。「ともかく動き、考える」。動く時間はスタッフや家族の支えが生む――自院での経験をもとに、「知覚動考」で率先していく。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

林 園子さん

冊子「どうぶつを飼うということ」のデザインとイラストを描いた

林 園子さん

馬場出身 25歳

10月17日号

鈴木 宏明さん

東寺尾ヒルズ84の住民の団体「J&B(ジジババ)会」のリーダーを務める

鈴木 宏明さん

東寺尾在住 66歳

10月10日号

毎川 直也さん

風呂デューサーを名乗り、矢向・尻手で都市湯治イベントを企画する

毎川 直也さん

大田区在住 32歳

10月3日号

森山 民雄さん

学校地域コーディネーターとして、共学舎の創設から関わる

森山 民雄さん

潮田町在住 71歳

9月26日号

藤田 健二さん

神奈川交流大会4連覇を果たしたローリングバレーボールチームのキャプテン

藤田 健二さん

金沢区在住 45歳

9月12日号

堀江 幹雄さん

豊岡商店街協同組合の理事長を務める

堀江 幹雄さん

豊岡町在住 70歳

9月5日号

前田 正博さん

陶芸家として活躍し、子ども向けワークショップなども開く

前田 正博さん

北寺尾在住 71歳

8月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク