鶴見区版 掲載号:2018年1月11日号 エリアトップへ

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める 小倉 純二さん 東京都在住 79歳

掲載号:2018年1月11日号

  • LINE
  • hatena

まだまだチャレンジ

 ○…「また戻ってこられたという気持ち」。2002FIFAワールドカップの会場整備を念頭に建設された日産ススタジアム。名誉場長としては2015年4月に就任したが、大会前は日本招致委員会事務局長として尽力し、大会を成功に導いた。その実績が評価されFIFAの理事に就任するなどし、同スタジアムとのつながりは深いものがある。「ここは日本代表がワールドカップでロシア代表に勝利し、日本サッカーの歴史を創った場所」

 ○…東京都杉並区生まれ。幼少期には山形への疎開も経験している。終戦後「帰ってきたら小学校が焼けてなくなっていた」と語った。小学生時代は母が作ってくれたグローブで野球を楽しむ少年だった。サッカーとの関わりが深くなったのは、古川電工(株)に入社間もない頃。東京五輪で日本代表に選出された選手と妙蓮寺にあった社宅で一緒だったことから、平日に仕事を終えた後夕方から近くの小学校で練習する選手のボール拾いを手伝ったことがきっかけだった。「そこから深みにはまって」と笑ってみせる。

 ○…「これと言ってないんだよなぁ」という趣味だが、移動中などには料理本を熟読する意外な一面を持っている。自ら台所に立つこともしばしば。「丼ものを作ることが多いかな」。10年ほど前に母から味を引き継いだニシンの漬物は、「弟子入りしたい」という人が現れるほどの腕前だ。

 ○…「まだまだチャレンジしたい」と話すように、2002年に10億人から注目されたとも言われるスタジアムの更なる可能性を感じている。2019年のラグビーワールドカップや、東京五輪の男子サッカー競技で使用される予定もあり、7万人を超える観客で埋め尽くされる光景がまぶたの裏にある。20年の節目を機に多目的遊水地や競技場、運動公園など様々な役割を活かし、より多くの人に楽しんでもらえるスタジアムへの発展を目指す。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

林 園子さん

冊子「どうぶつを飼うということ」のデザインとイラストを描いた

林 園子さん

馬場出身 25歳

10月17日号

鈴木 宏明さん

東寺尾ヒルズ84の住民の団体「J&B(ジジババ)会」のリーダーを務める

鈴木 宏明さん

東寺尾在住 66歳

10月10日号

毎川 直也さん

風呂デューサーを名乗り、矢向・尻手で都市湯治イベントを企画する

毎川 直也さん

大田区在住 32歳

10月3日号

森山 民雄さん

学校地域コーディネーターとして、共学舎の創設から関わる

森山 民雄さん

潮田町在住 71歳

9月26日号

藤田 健二さん

神奈川交流大会4連覇を果たしたローリングバレーボールチームのキャプテン

藤田 健二さん

金沢区在住 45歳

9月12日号

堀江 幹雄さん

豊岡商店街協同組合の理事長を務める

堀江 幹雄さん

豊岡町在住 70歳

9月5日号

前田 正博さん

陶芸家として活躍し、子ども向けワークショップなども開く

前田 正博さん

北寺尾在住 71歳

8月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク