鶴見区版 掲載号:2018年4月19日号 エリアトップへ

横浜スカーフ大使 7代目が決定 YFD専門校からも選出

文化

掲載号:2018年4月19日号

  • LINE
  • hatena
横浜スカーフ大使に決まった5人
横浜スカーフ大使に決まった5人

 横浜の伝統工芸「横浜スカーフ」の魅力を市内外に伝える「横浜スカーフ親善大使」の7代目メンバーが決定した。

 選ばれたのは写真右側より工藤杏奈さん(19)、鈴木佐知さん(38)、齊藤真梨乃さん(25)、今泉マユ子さん(48)、高野りえさん(59)。スカーフ大使は横浜繊維振興会が毎年公募。4月から1年間、各種イベントで横浜スカーフをPRする。

 大和市在住で、鶴見中央の学校法人桜井学園横浜ファッションデザイン専門学校に通う工藤さんは「美しいドレープや機能面などスカーフの良さを実感。同年代の若い人たちにも伝えていきたい」と話した。

鶴見区版のローカルニュース最新6

最期の別れに”安心”を

最期の別れに”安心”を 経済

斎場や寺 変わる葬儀

7月2日号

フェイスシールドを寄贈

鶴見北RC

フェイスシールドを寄贈 社会

コロナ対策 三師会に480枚

7月2日号

花木園のハスが見頃

花木園のハスが見頃 文化

7月上旬に観賞会

7月2日号

子どもの支援団体募集

唐松選手(区内在住)、世界へ

現役東大生フットボーラー

唐松選手(区内在住)、世界へ スポーツ

運動は苦手―変えたアメフト

7月2日号

鶴見中央に児童福祉施設

鶴見中央に児童福祉施設 社会

相談や支援の受け皿に

7月2日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク