鶴見区版 掲載号:2018年5月31日号 エリアトップへ

“最大級”と“奇祭” いずれも必見 潮田神社・生麦地区 伝統の祭り今週末に本番

社会

掲載号:2018年5月31日号

  • LINE
  • hatena
過去の大祭の宮入り
過去の大祭の宮入り

 区内最大級の規模を誇る祭礼「潮田神社例大祭」と、生麦の伝統行事「蛇も蚊も祭り」が今週末に開かれる。祭りシーズンの到来を告げる地元の二大行事。地域が一丸となって盛り上げる。

神輿約70基

 約100年の歴史がある潮田神社例大祭。毎年6月一週目の週末に行われており、今年は2日と3日に開催される。34の氏子町会が参加し、約70基の神輿が出される祭りは、区内でも最大級。両日は境内のほか、周辺商店街にも露天商が出るなどにぎわいを見せる。

 2日は午後5時〜7時、約20町会の神輿による「連合渡御」がメインとなっている。

 3日は宮神輿が登場。宮出しは午前8時。今年のルートは、氏子町会の西側で、本町通や下野谷町などをまわり、午後5時に宮入となる。

本町通でイベント

 例大祭に合わせ、本町通商店街では3日、ほんちょうフェスタを開催。祭りを盛り上げようと、川崎信用金庫駐車場と本町観音境内を会場に、鶴見区役所バンドの演奏や大道芸、昔懐かしいバナナのたたき売りなどがある。午前の部が10時30分〜午後0時半、午後の部が2時30分〜4時。

大蛇が巡る奇祭

 蛇も蚊も祭りは、生麦の本宮と原の両地区で、毎年6月一週目の日曜日に開催。今年は3日となっている。

 蛇も蚊もは、疫病退散や豊年大漁などの祈りを込め、大蛇を担ぎ家々を練り歩く祭事。350年以上前から伝わる生麦の伝統行事だ。

 かつては本宮・原の合同で開催されていたが、明治時代から各地区で実施されるようになったという。1992年に、市の無形民俗文化財にも指定されている。

住民が手作り

 茅で編む大蛇は地域住民による手作り。本宮は3体、原は2体作られる。全長20mほどにもなり、山場の絡み合いは圧巻だ。

 本宮は道念稲荷神社=生麦4の27の18=で、午前8時半に神事を開始。絡み合いは生麦小学校で午前11時ごろからを予定。また、前日2日の午後6時〜9時までは同神社でライトアップされた大蛇を見学できる。

 午後1時半から開始となる原は、当日早朝6時半から神明社=生麦3の13の37=で大蛇を編む。作業の見学も可能だ。クライマックスの絡み合いは神明社で午後4時半ごろを予定している。
 

本宮の絡み合い(上)と原の大蛇(写真は過去)
本宮の絡み合い(上)と原の大蛇(写真は過去)

川崎市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

自治会館を防災拠点へ

区内2町会

自治会館を防災拠点へ 社会

太陽光、蓄電池など配備

5月13日号

道路損傷 LINEで通報

横浜市

道路損傷 LINEで通報 社会

市民投稿で迅速対応へ

5月13日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

5月7日号

バス停2カ所「最も危険」

バス停2カ所「最も危険」 社会

国調査 区内32カ所に判定

5月7日号

「目指すはパリ五輪」

子どもの日インタビュー

「目指すはパリ五輪」 スポーツ

ブレイクダンス・藤野さん 世界で飛躍

4月29日号

地域伝統芸能大賞を受賞

鶴見神社田祭り保存会

地域伝統芸能大賞を受賞 文化

途絶から再興など評価

4月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter