鶴見区版 掲載号:2018年8月16日号
  • LINE
  • はてぶ

潮田中剣道部 団体アベックで全国 4年ぶり 女子個人も

スポーツ

個人女子に出場する岸本さん
個人女子に出場する岸本さん

 潮田中学校の剣道部が4年ぶりに団体アベックで全国中学校剣道大会へ出場する。女子個人の部でも主将の岸本彩花音(あかね)さん(3年)が全国への切符を手にした。顧問の並木信平教諭は「男女そろって優勝を目指したい」と力を込める。全国大会は8月22日から24日にかけて岡山で行われる。

 県大会から全国へ行けるのは、開催県以外は各都道府県から1校のみと狭き門である同大会。同校は大会常連校としてプレッシャーを受けながらも成績を残してきた。

初の優勝旗狙う

 女子団体は3年連続全国へ出場。一昨年は3位、昨年はベスト16と善戦を繰り広げてきた。

 しかし、昨年は3年生がメインだったため、今年はメンバーがガラッと変わった。接戦も多く、技術的に苦しい部分はあったというが「今年のメンバーは真面目でチームワークが良かった」と並木教諭。

 県大会決勝では、先行されるも、諦めずに勝利をつかんだ。

 岸本さんは「女子はまだ優勝旗を持って帰ってきたことがない。初めての優勝旗を手にしたい」と力強く語った。

悔しい思いバネに

 男子団体は2014年に優勝、15年に準優勝して以来、全国に出場していなかった。「プレッシャーもあったと思う」と並木教諭。

 今年のチームは夏を迎えるまで決勝で負けるなど、ぎりぎりのところで悔しい思いをしてきた。

 技術はある程度あったが、あとはメンタルだった。緊張はもちろん、「勝てるんじゃないか」という甘えも断ち切ってきたという。

 女子同様、県決勝では先行を許すも、気持ちを切らずに粘って勝利をつかんだ。

 主将の杉本烈輝(れんき)さん(3年)は「負けず嫌いが多いチーム。応援してくれる地域の人や先生たち、両親に優勝して恩返しがしたい」と意気込んだ。

昨年の雪辱晴らす

 女子個人の部で出場する岸本さんは、昨年も全国へ出場。しかし早い段階で負けてしまった。「まずは一試合目からしっかり勝ち上がって雪辱を晴らしたい」と真剣な眼差しだった。
 

11/24家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6件

マスターズ日本記録更新

ザバス鶴見水泳4選手

マスターズ日本記録更新

11月15日号

健康リーダー養成へ

区老人クラブ連合会

健康リーダー養成へ

11月15日号

風疹、感染止まらず

横浜市

風疹、感染止まらず

11月8日号

地域に根ざし30年

寺尾センター

地域に根ざし30年

11月8日号

自転車マナー向上へ講習会

「まちづくり」に意見募る

鶴見区

「まちづくり」に意見募る

11月1日号

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

伝統の「邦楽」一堂に

伝統の「邦楽」一堂に

箏に長唄、日舞――2日に舞台

12月2日~12月2日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク