鶴見区版 掲載号:2018年9月27日号 エリアトップへ

みその公園「横溝屋敷」で長年、松の手入れなどボランティアを行う 中山 稔之(としゆき)さん 潮田町在住 65歳

掲載号:2018年9月27日号

  • LINE
  • hatena

自然の変化、楽しみながら

 ○…江戸時代の面影が残る獅子ヶ谷の「横溝屋敷」。お客さんを一番に出迎える入口正面の松の手入れを3年前からボランティアで行っている。定年退職した今では、田んぼの手伝いや竹とうろう祭りに使う竹の切りだしなども。「初めは松だけだったのに、色々頼まれて気付けば毎月通っているよ」と笑う。

 ○…生まれも育ちも潮田町。小学生時代、祖母の趣味だった植木に興味を持ち、鉢植えをもらって育てた。「昔から工作など作ることが好きだったが、完成すると飽きてしまった。でも草木は完成してもずっと変化していくから面白い」。樹木を育てる魅力にはまり、近隣の植木屋へ通った。高校卒業後、自動車整備の仕事に就くも「自然に関わる仕事がしたい」と25歳の時に市の緑政局に入庁。北部公園や三ツ沢公園の芝の管理などに励んだ。2005年からは鶴見の土木事務所に勤め、区内公園の傷ついた樹木の治療に奔走。その頃から横溝屋敷にはよく顔を出していたという。

 ○…趣味はサイクリング。一日使って江の島までサイクリングすることもある。もちろん買い物はいつも自転車。「解放感と自由に動ける所がたまらない」。妻と二人暮らし。東京で事業をしているという娘とはこのほど一緒に台湾へ。誇らしげに娘のことを話す姿からも仲の良さが伺える。

 ○…自宅には盆栽や植木鉢がズラリ。20歳からずっと面倒をみている盆栽が今も元気に生きている。「木はちゃんと育てれば自分より遥かに長く生きる。世話をしていても逆に生かされている気になる」。そんな樹木の偉大さや育てる楽しさを子どもたちに教えたいという思いを持つ。「子どもの頃に大人が教えてくれた経験があるから、恩返しがしたい」。樹木の魅力を次世代に伝えていく。

鶴見区版の人物風土記最新6

森戸 努さん

数学教師として長年活躍し、素数をテーマにした本を出版した

森戸 努さん

駒岡在住 68歳

1月20日号

石合 智晃さん

鶴見図書館の館長を務める

石合 智晃さん

鶴見中央在勤 52歳

1月13日号

花垣 幸人さん

上寺尾小学校おやじの会の会長として奔走する

花垣 幸人さん

東寺尾在住 41歳

1月6日号

高橋 竹童さん

津軽三味線を全国に広めた第一人者・初代高橋竹山の最後の内弟子

高橋 竹童さん

駒岡在住 51歳

1月1日号

小林 五十生(いそお)さん

矢向で震災支援のオーガニックコットンプロジェクトを行う

小林 五十生(いそお)さん

尻手在住 71歳

12月16日号

松尾 ゆかりさん

汐田総合病院などを拠点に、ソーシャルワーカーとして活躍する

松尾 ゆかりさん

矢向在勤

12月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook