鶴見区版 掲載号:2018年12月20日号
  • LINE
  • hatena

鶴大付属中・高 本物の芸術に触れる 元劇団四季女優ら舞台披露

文化

迫力ある歌声で生徒を魅了した吉岡さん
迫力ある歌声で生徒を魅了した吉岡さん
 鶴見大学付属中学校高等学校(亀山仁校長)で12月12日、芸術鑑賞会が開かれ、元劇団四季のミュージカル女優や声優などが試験終了後の生徒たちを元気づけた。

 きっかけは、劇団四季の「オペラ座の怪人」で主演を務めた経験を持つ吉岡小鼓音さんが1年生の保護者だったこと。「生徒に喜んでもらいたい」と、照明から舞台監督まで現役で活躍するスタッフなどが協力。3カ月前から舞台の合間に、この日のための独自作品を作ってきた。

 当日はミュージカル「キャッツ」「ライオンキング」などメジャー作品のテーマ曲を披露したほか、学校にちなんで般若心経を唱える独特の演目もあった。「堅苦しくなく受け入れてもらえるよう、参加型にしたかった」とプロデューサーの毛呂文紀さんが話す通り、同校の合唱部が一緒に歌う場面も。サプライズで亀山校長が趣味のサックスを披露し、生徒たちは大盛り上がりだった。

 実際に舞台に立った宮本歩生さん(高2)は、「豪華キャストの方々と一緒に歌えたのは本当に幸せな時間だった」と笑顔を見せた。

鶴見区版のローカルニュース最新6件

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

”天気の達人”が講演

明るい選挙推進大会

”天気の達人”が講演

気象予報士・天達さん登壇

1月29日~1月29日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク