鶴見区版 掲載号:2019年2月21日号 エリアトップへ

英国式製本の"美" 鶴大で貴重書展 3月1日まで

文化

掲載号:2019年2月21日号

  • LINE
  • hatena
展示された貴重書を解説する渡辺さん(左)
展示された貴重書を解説する渡辺さん(左)

 鶴見大学図書館で現在、「19世紀英国のブックデザイン―版元製本の美―」をテーマにした貴重書展が開かれている。期間は3月1日まで。同館はさまざまな貴重書を所蔵しており、定期的に展示を企画。今回で151回目を数える。

装丁は必見

 産業革命後となる19世紀のイギリスは、印刷機や製本技術の発展から、読書が富裕層から一般大衆に広まった時代とされる。出版社などは読者獲得のため装丁に力を入れ始め、専門のデザイナーや画家などが手がけるものも登場。「ギフトブック」と呼ばれるプレゼント用の装丁本もあったという。

 期間中は、クロスや革を使った装丁本18点を展示。監修した同大文学部講師の渡辺一美さんは「通常保管は厳重。パラフィン紙などで覆われているので、表紙が見られるのは貴重」と話す。

 開館は、平日午前8時50分〜午後9時、土曜は午後6時まで。日祝休館。入場無料。

26日に講演会

 2月26日には、渡辺さんを講師に、「19世紀英国のブックデザイナー」と題した講演会も企画されている。

 時間は午後2時〜3時。入場無料。申込不要で当日鶴見大学図書館へ。詳細の問い合わせは同館【電話】045・580・8274。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

19日に臨海フェス

19日に臨海フェス 社会

ゲームや模擬店ずらり

10月17日号

次世代に伝える地元文化学ぶ

次世代に伝える地元文化学ぶ 文化

「田祭り」テーマに

10月17日号

チェロの舞台 20日に

小山さん 叙勲祝賀に250人

小山さん 叙勲祝賀に250人 社会

関係者ら貢献に感謝

10月10日号

「思いやり大切に」

鶴見区高齢者交通安全大会

「思いやり大切に」 社会

一日署長・森田さん呼びかけ

10月10日号

SDGsで県と連携

区内4社

SDGsで県と連携 社会

パートナー登録

10月10日号

鶴見の近現代をひも解く

鶴見の近現代をひも解く 文化

郷土史展 15日から

10月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク