鶴見区版 掲載号:2019年3月28日号 エリアトップへ

意見広告 ともに生きる社会をめざして 立憲民主党 県政担当 ためや 義隆

掲載号:2019年3月28日号

  • LINE
  • hatena

 私達の価値観は、以前より多様性を受け入れるものになってきています。他方、報道では胸を痛めるような児童虐待や、いじめ、ヘイトスピーチなど、その真逆の事が起きているのも事実。神奈川県という広域行政だからこそ、児童虐待防止、ヘイトスピーチ禁止等の人権を尊重する条例づくりが必要だと考えています。

カジノNO!人への投資を

 いまだ横浜へのカジノ誘致の話がくすぶっているようですが、限られた財源の中でこうした事業に投資するのではなく、人への投資が重要と考えます。待機児童ゼロのための保育の拡充や、横浜らしい中学校給食の実現、また若い世代の政治離れを防ぐ、政治的教養を養う「主権者教育」の推進。地域の担い手を育む事が未来の街づくりに繋がります。

すべての人に優しい街づくりを

 高齢化が進む神奈川県、横浜市ともに「優しい街づくり」が求められています。特養老人ホームやグループホームの増設、また介護職の方々の待遇改善で定着率を高め、福祉サービスの充実が喫緊の課題。

 また街づくりの面でいえば、鶴見駅の東口もデッキ化できれば、ご高齢の方はもちろん、障害のある方にとっても利用しやすくなります。またラッシュ時の混雑が問題となるJR鶴見駅、新路線の停車実現も重要な目標。さらには人口増加で混雑している鶴見線の増便も検討すべき課題です。

 鶴見区は多様性に富んだ街。だからこそ、すべての人に居場所と出番のある、「優しい街」として推進・発信していくべきと考えております。

ためや義隆

横浜市鶴見区鶴見中央 1-3-18三富ビル3F

TEL:070-4376-3289
FAX:045-330-7034

https://twitter.com/yoshi_tameya

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

前へ。経済再生と女性支援

市長へ問う!横浜市会の一般質問から 市政報告みちよレポ【11】

前へ。経済再生と女性支援

横浜市会議員(自民党)東みちよ

6月17日号

「ガブテック」で利用しやすい公的サービスを実現

県政報告ひでしの「実績で勝負」59

「ガブテック」で利用しやすい公的サービスを実現

公明党 鈴木 ひでし

6月10日号

水害リスクへの意識向上を

市政報告太'sレポート 116

水害リスクへの意識向上を

横浜市会議員 公明党 尾崎太

5月27日号

新鶴見橋-末吉橋間の人道橋着工へ

地域の問題”hot(ほっと)”かない 市政報告

新鶴見橋-末吉橋間の人道橋着工へ

横浜市会議員 自民党 わたなべ忠則

5月7日号

地道に地域課題を解決

市政報告太'sレポート 115

地道に地域課題を解決

横浜市会議員 公明党 尾崎太

4月29日号

三ツ池公園の充実第一弾健康遊具が実現

県政報告ひでしの「実績で勝負」58

三ツ池公園の充実第一弾健康遊具が実現

公明党 鈴木 ひでし

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter