鶴見区版 掲載号:2019年5月30日号 エリアトップへ

鶴見警察・郵便局 防犯ステッカーを作製 配達員の意識向上に

社会

掲載号:2019年5月30日号

  • LINE
  • hatena
握手を交わす須藤署長(左)、石渡局長と作製されたステッカー
握手を交わす須藤署長(左)、石渡局長と作製されたステッカー

 鶴見警察署は、区内22の郵便局、ゆうちょ銀行鶴見店と犯罪防止啓発のステッカーを作製した。5月23日にはステッカーが貼られたバイクと車による出発式があった。

 この取り組みは、今年1月に警察署と郵便局で再締結された「地域安全に関する協定」の一環。協定は、日曜を除く一週間で、百人以上が町を回るという郵便配達員のネットワークを生かし、事件・事故などに遭遇した女性、子ども、高齢者の保護、及び警察への通報や特殊詐欺に関する情報提供などを依頼するもの。その証として作製された。

 ステッカーは、区内の168台のバイクと30台の車に貼られた。配達員の意識を高めることなどを目的としており、高齢者に会った時は「気を付けて」と声をかける一言運動も実施する予定だ。

啓発車が出発

 式典では、啓発車となったバイクと車が町中へ出発した。同署の須藤正彦署長は「安全・安心は警察の任務。郵便業務の傍ら、区民のために協力して頂き、頭が上がらない。この気持ちを忘れず一層努力していきたい」とあいさつし、鶴見郵便局の石渡務局長=人物風土記で紹介=は「地域安全は局としても重要なこと。点ではなく、面で犯罪防止していきたい」と話した。

作製されたステッカー
作製されたステッカー

川崎市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場 ICT化へ一歩

5月7日号

10年目は歴代が集合

10年目は歴代が集合 社会

横浜スカーフ大使、24人に

5月7日号

鯉のぼり 天高く

鯉のぼり 天高く 文化

横溝屋敷に70流

5月7日号

電子決済で商店街支援

電子決済で商店街支援 経済

みずほ銀、市と協定

5月7日号

個性溢れる書、楽しむ

個性溢れる書、楽しむ 文化

鶴見書人会が展示

5月7日号

区内奉仕団体 こども食堂支援

区内奉仕団体 こども食堂支援 社会

地元産のタケノコ 有効活用

5月7日号

有限会社カモシダ

鶴見区江ケ崎町16番21号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter