鶴見区版 掲載号:2019年9月12日号 エリアトップへ

子どもと医療を結ぶ 東部病院CLS 上映会など企画

社会

掲載号:2019年9月12日号

  • LINE
  • hatena
現状を伝えた井上さん
現状を伝えた井上さん

 済生会横浜市東部病院で先ごろ、小児期からの慢性疾患を考える講演と上映会が行われた。同院が子どもたちを対象に、医療や健康をより身近にとらえてもらう取組「子どもと医療を結ぶプロジェクト」の一環。

 同院所属のチャイルド・ライフ・スペシャリスト(CLS)・井上絵未さんらが企画。当日は、子どもや家族の医療に対する不安、恐怖を最小限にするための専門職というCLSについての講演や、慢性疾患の子どもたちの生活をとらえたドキュメンタリー映画『子どもが教えてくれたこと』の上映会があった。

重要なサポート役

 CLSは、子どもが医療を受ける際も主体となり、医療体験を乗り越えるためのサポート役。米国小児科学会は、「CLSは小児医療のために欠かせない」とし、入院中の子ども15人に対し1人の配置を提言している。

 井上さんは役割や重要性を紹介しつつ、米国認定資格で取得のハードルの高さや、診療報酬につながらないことなどが壁となり、日本では全国33施設45人にとどまっている現状などを伝えた。

 上映会では、腎不全や表皮水泡症など、さまざまな慢性疾患の子どもたちが、日々を楽しく生きる様子が映し出され、「苦しい病気でも笑って暮らせているのがすごいと思った」「子どもたちが自分の病気を理解している。日本と大きく違う」などと感想が上がっていた。

鶴見区版のローカルニュース最新6

オンラインで防災会議

【Web限定記事】横浜市鶴見区

オンラインで防災会議 社会

コロナ禍の災害を想像

5月21日号

医療物資を市に寄贈

【Web限定記事】国際ロータリー第2590地区

医療物資を市に寄贈 社会

新型コロナ対策

5月21日号

医療と経済に重点配分

【Web限定記事】横浜市 補正予算

医療と経済に重点配分 政治

林市長、コロナ対策語る

5月21日号

食の支援、寄付を募集

【Web限定記事】横浜市社協

食の支援、寄付を募集 社会

6月15日まで

5月21日号

“持ち帰り”に目印

“持ち帰り”に目印 社会

潮田 飲食店にボード設置

5月21日号

困窮学生の生活、学習を支援

困窮学生の生活、学習を支援 社会

鶴大、商大が給付制度新設

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月8日15:42更新

  • 4月25日21:27更新

  • あっとほーむデスク

    4月17日20:51更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月21日号

お問い合わせ

外部リンク