鶴見区版 掲載号:2019年10月17日号 エリアトップへ

冊子「どうぶつを飼うということ」のデザインとイラストを描いた 林 園子さん 馬場出身 25歳

掲載号:2019年10月17日号

  • LINE
  • hatena

吸収とこだわりの芸術家

 ○…「同じ地球に住む仲間。お互いを尊重したい」。一般社団法人動物愛護サポートから依頼を受け、作成した冊子。「自分も犬を飼っていたし、共感して。地域貢献としても力になりたかった」。可愛らしいイラストと分かりやすい絵本のような作りには強いこだわりが垣間見える。「子どもに学んでもらいたいという法人の思いを大事に、分かりやすく、目にとまるようなものにしました」

 ○…馬場出身。幼少期は愛犬と祖母と近隣にあったすすきの原っぱで散歩した。昔から絵を描くことが好きで、芸術の道に進むが、紆余曲折だった。少女漫画に憧れ、漫画家を志すも物語構成が苦手で、デザインの勉強に路線変更。有名美大に通ったが「大学名ではなく、自分の名前で認められたい」と中退。就活に力を入れ、現在は大好きな電車のつながりで入った会社で販促物を作成。チームでクライアントの求める成果物を作る仕事。デザインの知識がない人の要望をどうくみ取って、伝えるか。「昔は頑固者だったけど、それじゃだめだって。人の意見を聞いて前より確実に柔軟になった」と笑う。壁にぶつかっては反省から学び、成長してきた。

 ○…大の乗り鉄。駅名を言えば路線がすぐに返ってくる。「移動は絶対寝ない。景色を見たくて」。展示会や街散策で気分転換も。南区の自宅近くにあるクラフトビール店で飲みながら、話すことも息抜きだ。「良い案を思いつくときは何気ない時が多い。全部が吸収です」

 ○…「横浜が大好き」。落ち着くが、どこか刺激的な町。「熱い人が多く、良い所を聞くと、どこかしら返ってくる」。横浜にデザイン事務所を開くことが夢。「今の横浜を維持しながらもどんどん良くしたい」。大好きな町のため、将来有望な芸術家が奔走していく。
 

鶴見区版の人物風土記最新6

渡邊 浩さん

矢向地区連合町内会や社会福祉協議会などの会長を務め、地域のため奔走する

渡邊 浩さん

矢向在住 73歳

11月25日号

大野 慶太さん

様々なアイデアでまちに貢献する東宝タクシー(株)の代表取締役社長

大野 慶太さん

鶴見中央在勤 44歳

11月18日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月11日号

古木 嘉夫さん

(一社)神奈川県警親会鶴見支部の相談役であり、現役最年長

古木 嘉夫さん

馬場在住 96歳

11月4日号

慶野 未来さん

珈琲専門店山百合を受け継ぎ、修行を積む

慶野 未来さん

鶴見中央在勤 25歳

10月28日号

横溝 常之さん

宝泉寺の住職を務める

横溝 常之さん

菅沢町在住 53歳

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook