鶴見区版 掲載号:2019年11月7日号 エリアトップへ

岸谷小 防災拠点 独自に開設マニュアル 分かりやすさ重視

社会

掲載号:2019年11月7日号

  • LINE
  • hatena
持丸委員長と完成した防災マニュアル
持丸委員長と完成した防災マニュアル

 岸谷小学校地域防災拠点運営委員会(持丸留久委員長)が11月1日、同拠点のマニュアル冊子を完成させた。冊子は、区や市の防災計画、マニュアルをもとに、委員会で挙がった内容を反映させ、より分かりやすく独自に作成。関係者らは、「読み込んでもらい、発災時、スムーズに拠点開設・運営ができれば」と話す。

 岸谷小学校地域防災拠点運営委員会は、岸谷第一、三、四とつつじヶ丘自治会、南上町会、同小学校、鶴見区役所などからなる。同拠点はこれまでも、避難所運営ゲームである「HUG訓練」など、積極的に防災活動に取り組んできた。

 市や区のマニュアルでは身近なこととして考えづらいため、独自のものを作りたいという思いが委員会にあり、今年の2月から実現に向けスタート。半年間内容を検討し、発行に至った。

様々なこだわり

 マニュアル冊子は、A4カラー印刷で全20ページ。地震災害を想定し、具体的な拠点の開設方法、班編成から細かい動き方、拠点の見取り図、備蓄物の一覧など、重要なポイントをまとめた。

 委員らは、庶務班、情報班などの設定があるなか、市のマニュアルでは一括りにされている食料物資班に着目。トイレ対策などの役割もあるため、委員会では、同班に一番人手が必要と判断。食料物資・ボランティア班と機材班に分割した。

必要な知識も記載

 横浜市では、発災直後から概ね3日は、市災害対策本部から必要物資が供給され、4日目以降からは拠点からの要請で必要物資が供給される。その制度を知らない人が多いため表記した。

 要援護者については、「災害時要援護者名簿」に基づき安否確認や避難支援が行われるが、拠点の5自治会では、約27%が名簿への公表を拒否しているため発災時は名簿にない人の対応も迫られることを明記。

 更に開設のための鍵の管理者を定め、長期不在の場合には代理者をたてることが独自マニュアルでは決められた。

 持丸委員長は、「完成したが、これを読み込んで理解してもらうことが一番重要」と話した。

 冊子は、600部印刷され、自治会役員や区役所、岸谷小、生麦小、生麦中などに配布される。11月24日には、マニュアルをもとにした運営委員会全員参加の訓練を予定している。
 

鶴見区版のトップニュース最新6

天王院で大師講

天王院で大師講 文化

200年以上の歴史

11月14日号

国交大臣賞の栄誉

キリン緑地

国交大臣賞の栄誉 社会

「今後の模範」と高評価

11月14日号

不審者訓練に依頼増

鶴見警察 シナリオ考案

不審者訓練に依頼増 社会

内容伏せ本番 実際学ぶ

11月7日号

工事順調、来年3月開通へ

横浜北西線

工事順調、来年3月開通へ 経済

バイパス渋滞改善も期待

10月31日号

振り込め対策に電話機

区内5団体

振り込め対策に電話機 社会

あすから貸出開始

10月31日号

市が年内導入へ

パートナーシップ制度

市が年内導入へ 社会

同性カップルなど公認

10月24日号

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク