鶴見区版 掲載号:2020年2月6日号 エリアトップへ

県政レポートNo.3 すべての人に居場所と出番のある社会を 神奈川県議会議員 ためや 義隆

掲載号:2020年2月6日号

  • LINE
  • hatena

就職氷河期世代への支援要望が実現

 昨年末に、所属する産業労働委員会で、私も当事者であった「就職氷河期世代」への支援について議論し、県職員採用枠の検討を含め、強く要望いたしました。

 それも踏まえ今年1月21日、就職氷河期世代を対象とした職員採用を県が発表。4月1日現在で34歳〜49歳までの方で、直近1年に正規雇用労働者として雇用されておらず、かつ直近5年間の正規雇用労働者としての雇用期間が通算1年以下の方が対象となります。詳細は県ホームページをご確認ください。

 県内の氷河期世代非正規雇用の数は約3万9千人とされており、重要な課題となっています。

 就職氷河期世代への支援に関しては、遅きに失したと言わざるを得ませんが、ようやく国をはじめとした行政が課題として着目、支援施策をスタートした点は、当事者世代としても一定の評価をするところです。

 仕事は生活の糧を得るだけでなく、社会とのつながりを得る場でもあります。様々な困難を抱える方々が一人でも多く、そうした「つながり」を得られ、居場所と出番のある社会を実現させる為の施策を考えていく所存です。

国としてIRカジノ推進の見直しを

 横浜で大きな問題となっているカジノ誘致。1月21日、政府は関連した汚職事件が相次いだのを受け、IR整備基本方針決定を当面見送りとしました。ギャンブル依存症、治安悪化、マネーロンダリングなど、負の側面が明らかに大きいカジノ誘致は見直し、廃止すべきと考えております。

爲谷義隆

横浜市鶴見区鶴見中央 1-3-18 三富ビル3 F

TEL:070-4376-3289
FAX:045-330-7034

https://ameblo.jp/tameya/

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

認知症の早期発見と予防策は

認知症疾患医療センターに聞く 市政報告みちよレポ【1】

認知症の早期発見と予防策は

企画/東みちよ事務所

2月13日号

県障がい者スポーツ協会設立発起人会が開催

県政報告ひでしの「実績で勝負」㊼

県障がい者スポーツ協会設立発起人会が開催

公明党 鈴木 ひでし

2月13日号

地域の問題”hot(ほっと)”かない

市政報告

地域の問題”hot(ほっと)”かない

横浜市会議員 自民党 わたなべ忠則

1月9日号

プラチナ世代専用就業支援窓口を実現

県政報告ひでしの「実績で勝負」㊻

プラチナ世代専用就業支援窓口を実現

公明党 鈴木 ひでし

1月9日号

チーム鶴見の力!

防災・医療福祉・教育の先駆事例

チーム鶴見の力!

横浜市会議員 東みちよ(自民党)

1月1日号

危機管理に全力

意見広告

危機管理に全力

おこのぎ 八郎自民党神奈川県連会長衆議院議員

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク