鶴見区版 掲載号:2020年3月12日号 エリアトップへ

鶴見小学校 手作り国際弁当を作製 ”食”で町つなげる

文化

掲載号:2020年3月12日号

  • LINE
  • hatena
弁当について議論する児童ら
弁当について議論する児童ら

 鶴見小学校6年3組の児童らが考案した「国際うんめぇ〜弁当」が、きょう12日から障害福祉サービス事業所ふれんど2号店=鶴見中央4の32の6=のレギュラーメニューとして販売される。外国人の多い鶴見の特色を生かし、様々な国の料理の魅力を詰め込んだ力作だ。

 取組は、キャリア教育を促すための市の取組「はまっ子未来カンパニープロジェクト」の一環。鶴見に外国人や沖縄の人が多いことを学び、外国人へ道案内をして喜んでもらえた経験などから、国籍や出身関係なく町に住む人たちともっとつながりたいと感じた児童ら。言葉の違い関係なく、料理なら交流できると「食」をテーマに設定。公立はこだて未来大学教授の助言を受けながら、外国の料理を詰め込んだ国際弁当を作り、外国の料理の魅力を発信することに決めた。

外国料理店を取材

 区内の韓国、沖縄、タイ料理店などに訪問してレシピを教わり、これまで7品目の試作品を作成。弁当販売等の障害福祉サービス事業所を運営する(一社)ふれんどに力を借りながら弁当作りを進めてきた。メニュー決めから、料理の味の調整、販売する容器の選定まで児童らの意見を反映させた。

鶴見らしい2種

 弁当は、ガパオライス弁当と沖縄焼きそば弁当の二種類。児童らが思う「美味しい」を集めた力作だ。前者は、タイ料理店「パサタイ」から学んだガパオライスとタイ風卵焼きのほか、切り干し大根中華サラダ、チリコンカンなど、様々な国の魅力が楽しめる弁当に仕上げた。卵焼きにケチャップをつけたのは児童らのこだわりだ。

 後者は、沖縄料理店「ななまかい」で教わったレシピを参考にしたケチャップ焼きそばや沖縄風のチヂミであるひらやちーを入れ、沖縄らしさを盛り込んだ。容器はベンチなどでも膝に置いて食べやすいよう横長に設定した。

自分のルーツ知る

 取組を始めてから関心を持ち、祖母が韓国人だったなど、自身のルーツを初めて知った児童もいた。児童らは「色々な人に食べてもらって、外国や沖縄の魅力が伝わるといい」とした。

 弁当は、税込み500円。当初、区役所ロビーなどで児童らによる販売が予定されていたが、コロナウイルス感染拡大の影響で休校になったため、まずはふれんど2号店のみとなった。卒業後に有志の児童らでの販売を予定している。1日50食限定。問い合わせはふれんど1号店【電話】045・572・5565。

沖縄焼きそば弁当
沖縄焼きそば弁当
ガパオライス弁当
ガパオライス弁当

横浜市臨時特別給付金のお知らせ

住民税非課税世帯や新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した世帯が対象

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/hikazeikyufu/hikazeikyufu.html

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

児童が「下小音頭」を制作

下末吉小学校

児童が「下小音頭」を制作 教育

地域と繋がり復活目指し

8月11日号

女子中学生の継続後押し

横浜サッカー協会

女子中学生の継続後押し スポーツ

リーグ2年目 人口底上げへ

8月11日号

9年ぶり全国の舞台へ

鶴見リトルシニア

9年ぶり全国の舞台へ スポーツ

強豪下し、推薦勝ち取る

8月4日号

個別避難計画 作成進まず

災害時要援護者

個別避難計画 作成進まず 社会

市、福祉と連携し整備急ぐ

8月4日号

難民の子どもたちに服を

生麦小

難民の子どもたちに服を 教育

児童が寄付呼びかけ

7月28日号

不登校児の学習支援 拡充

横浜市

不登校児の学習支援 拡充 教育

オンライン教材を活用

7月28日号

横浜市新型コロナワクチン情報

4回目接種対象は60歳以上の方全員と18〜59歳の基礎疾患がある方等です

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/vaccine/vaccine-portal/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook