鶴見区版 掲載号:2020年6月11日号 エリアトップへ

特殊車でコロナ患者搬送 東宝タクシー(株) 運行管理を請負

社会

掲載号:2020年6月11日号

  • LINE
  • hatena
搬送用の特殊車両
搬送用の特殊車両

 東宝タクシー(株)(大野慶太代表取締役社長)=鶴見中央=はこのほど、特殊車両による横浜市の新型コロナウイルス感染症患者等の搬送に、運行管理請負で協力することを発表した。6月5日から運行が始まっている。

運転席と座席を分断

 搬送に使われる特殊車両は、本田技研工業(株)や神奈川県オールトヨタ販売店が貸与するオデッセイ2台とヴォクシー1台。前者2台を東宝タクシー(株)が運行管理する。

 運転席と後部の患者搭乗席が完全に仕切られ、圧力差によって運転手への飛沫感染を防止する構造になる。

 運転手は65歳未満の既往歴のない3名が固定で担当。手袋など感染予防具を必ず装着。患者との接触は一切なく、会話も禁じられている。

 特殊車両での搬送は、感染の疑いがある人、無症状者、軽症者等が対象。帰国者・接触者外来等の受診の際に、公共交通機関以外の移動手段がない場合や、自宅から宿泊療養施設等へ移動する場合が主だ。

 これらのケースは、これまで民間救急で行われてきたが、需要に対して供給が追い付かず、手配がつかない、予約待ちといった状況が発生していたという。

 横浜市が神奈川県タクシー協会横浜支部に特殊車両の運行管理の依頼をしたところ、東宝タクシー(株)と国際交通(株)=磯子区=が受託した。

 横浜市の担当者は「民間救急以外にもルートができたことで、搬送体制が強化された」と感謝し、大野社長は「誰かがやらないといけないこと。医療現場が大変なことは承知している。役に立てればと思った」と力を込めた。

川崎市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場 ICT化へ一歩

5月7日号

10年目は歴代が集合

10年目は歴代が集合 社会

横浜スカーフ大使、24人に

5月7日号

鯉のぼり 天高く

鯉のぼり 天高く 文化

横溝屋敷に70流

5月7日号

電子決済で商店街支援

電子決済で商店街支援 経済

みずほ銀、市と協定

5月7日号

個性溢れる書、楽しむ

個性溢れる書、楽しむ 文化

鶴見書人会が展示

5月7日号

区内奉仕団体 こども食堂支援

区内奉仕団体 こども食堂支援 社会

地元産のタケノコ 有効活用

5月7日号

有限会社カモシダ

鶴見区江ケ崎町16番21号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter