鶴見区版 掲載号:2021年2月18日号 エリアトップへ

【WEB限定記事】横浜市鶴見区 令和2年の火災発生件数、市内で最も減少 過去10年平均は依然ワースト 「さらなる努力必要」

社会

掲載号:2021年2月18日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市内で昨年一年間に発生した火災・救急出場件数の概況(速報値)がまとまり、鶴見区では火災発生件数が前年比27件減と、市内18区中最も減少したことがわかった。一方で、過去10年間の平均では市内最多となっており、「引き続き啓発に努めたい」と鶴見消防署は話す。

 2年連続で市内ワーストだった鶴見区内の火災発生件数。昨年一年間は49件で前年比27件減と、市内で最も減少した。区別にみると、中区(58件)、戸塚区(51件)、鶴見区と続き、最少は栄区の12件だった。

 区内の主な出火原因は、「たばこ」13件、「こんろ」と「電気設備」が6件、昨年最多だった「放火」が3件となっている。

 昨年一年間のみでは大幅に減少しているものの、過去10年間の平均発生件数は78件と、市内最多の状況。鶴見消防署は「年々減少傾向にあるが、たばこが依然として多いなど、継続して注意していかなくてはならない」とし、防火意識の向上に努める考えを示す。

市内出火率が過去最少

 横浜市全体としては、昨年発生した市内の火災件数は624件で、前年の685件から61件減少。人口1万人あたりの火災件数をさす「出火率」は1・7となり、前年の1・8から減り、1948年の市消防局発足以来最少なった。

 火災件数は前年より61件減少した一方、火災種別では、建物火災の380件(60・9%)のうち住宅火災が266件で、前年より8・8%増加。全体の7割に上り、過去10年間で最高となった。

 市内の主な出火原因の上位は、「放火(疑いを含む)」が140件(22・4%)、「たばこ」100件(16・0%)、「こんろ」73件(11・7%)だった。

12年ぶりの減少

 救急出場件数、搬送人員は、過去最多を更新してきた近年から一転し、市全体で12年ぶりに減少。救急出場は前年から1万7756件減の19万4639件、搬送人員は1万8563人減の16万4083人だった。

 鶴見区は前年比1400件減の1万4245件となり、港北区、中区に次いで3番目の多さだった。

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

鶴見銀座にマスコット誕生

鶴見銀座にマスコット誕生 社会

鶴小児童が制作

2月25日号

「総合支援拠点」10区に設置

横浜市児童虐待対策

「総合支援拠点」10区に設置 社会

相談対応など強化へ

2月25日号

横浜市鶴見区来年度予算案 コロナ対応継続 経済活性化、WEB活用など転換へ

【WEB限定記事】

横浜市鶴見区来年度予算案 コロナ対応継続 経済活性化、WEB活用など転換へ 社会

事業費 前年55万増1億970万円

2月18日号

令和2年の火災発生件数、市内で最も減少

【WEB限定記事】横浜市鶴見区

令和2年の火災発生件数、市内で最も減少 社会

過去10年平均は依然ワースト 「さらなる努力必要」

2月18日号

一般会計 初の2兆円台に

横浜市21年度予算案

一般会計 初の2兆円台に 社会

コロナ対応で膨張

2月11日号

生麦にお持ち帰りマップ

生麦にお持ち帰りマップ 社会

地元商店主ら 街角に掲示

2月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

【Web限定記事】

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

横浜市社協などが生活支援

3月7日~3月7日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク