鶴見区版 掲載号:2021年3月25日号 エリアトップへ

第1回うしおだ食料支援&なんでも相談会実行委員会の委員長を務める 野末 浩之さん 本町通在勤 59歳

掲載号:2021年3月25日号

  • LINE
  • hatena

隠れたSOSと向き合う

 ○…潮田公園で行われる食料支援企画のまとめ役。「鶴見は外国の方や航空機関で働く方も多い。助けを求められず困っている人の手助けが少しでもできれば」。普段は精神科の医師であり、うしおだ診療所の所長。「鶴見の人は裏表のない。本音で話してくれる人が多い人情味溢れるまち」。地域のため、できることを模索する。

 ○…父が汐田総合病院2代目院長。忘れられないのは16の時、盲腸になった自分の手術を父が担当したこと。「当時はなんでと思いましたけどね」。地域医療を志す背中を見て育った。文系科目が好きで悩んだ進路。精神科医という選択肢を見つけ、その道へ進んだ。研修の際には、救急で神経内科や外科を担当。身体の病を看ていた時には見えなかった心の病が、精神科医として働くと驚くほど沢山表れた。「表面上は分からないもの。困っていると言えない人は多くいる」。行政の心の健康相談窓口など様々な所に赴き、隠れた病と向き合う。大切にするのは十分に話を聞くこと。「初診は最低30分はとって人間関係を作るようにしています」

 ○…3人の子の父。長女は看護学部に進学。「面接では親の姿を見てって言ったみたいですが。本当は分からない」と笑う。「これまで学んだ知識は子育てには役立たない」と話すのは父の顔だ。「昔は25m泳げたなと思って」と、50歳で水泳を始め、今ではダイビングの資格も持つ。

 ○…高齢で心の病がある人は施設入居が難しいこともあるという。「そんな人を最後まで看取る体制があれば。なければ作りたい」。節々から、誰も取り残したくないという思いが伝わる。「辛さを我慢している人が多くいるはず。力になりたい」。隠れたSOSと向き合うために奔走する。

川崎市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜国大出身 43歳

5月7日号

池田 昇さん

鶴見田祭り保存会の会長などとして、地域活動に尽力する

池田 昇さん

諏訪坂在住 80歳

4月29日号

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

4月22日号

津久井 茂充さん

手作り仏塔模型の展示を馬場地域ケアプラザで行った

津久井 茂充さん

馬場在住 78歳

4月15日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月8日号

鈴木 雅己さん

鶴見警察署長に就任した

鈴木 雅己さん

鶴見中央在勤 57歳

4月1日号

有限会社カモシダ

鶴見区江ケ崎町16番21号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仲通りでマルシェ

連休中2企画

仲通りでマルシェ

4月29日~5月9日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter