鶴見区版 掲載号:2021年7月15日号 エリアトップへ

オンライン保活相談開始 区職員発案 市内初の取組

社会

掲載号:2021年7月15日号

  • LINE
  • hatena
オンラインで相談を受けるコンシェルジュ
オンラインで相談を受けるコンシェルジュ

 鶴見区はこのほど、新型コロナ感染症の影響で外出しにくい状況を踏まえ、市内初となるオンラインでの保活相談を開始した。区は「新たな手法として、活用してもらえれば」と期待を込める。

 保活は、保護者が子どもを保育所に入所させるための活動を指す。横浜市では、保護者のニーズと各種保育サービスを適切に結びつけることを目的に、各区に保育・教育コンシェルジュを配置。相談を受け付けている。

 これまで保活相談は、区役所窓口での対面と電話の2種類で対応してきたが、今回、3つ目の選択肢としてオンラインが加わった形だ。

 発案したのは、保育園関係を担当する区こども家庭支援課の職員の一人。コロナ禍、対面で保護者と言葉を交わす中、「相談したくても外出がしづらい」といった声を聞き、オンラインで相談を受けられないかとアイデアを出したという。

 導入にあたっては、通信用のポケットWi-Fiと専用のタブレット端末を一台ずつ配備。相談にはWEB会議アプリのZoomを活用する。

「普段の家で」が利点

 電話でも遠隔相談は可能だが、利用者側が40ページある案内冊子などを手元に置く必要があるほか、コンシェルジュ側も表情がわからず、ニーズが読み取りづらいなどのデメリットがあった。

 同課は「窓口でも、お子さんに動画を見せながら話を聞くなど、どうしても集中できないケースもある」とし、「普段の家で相談できるのはメリット」と説明する。

 9日、初めてのオンライン相談を終えたコンシェルジュは「表情など良くわかった。画面共有で相談者の手元にない資料も説明ができた」と評価。「相談途中、お子さんを寝かせる場面もあり、オンライン相談の利点を感じた」と話した。

 相談希望日3日前までの事前予約制。詳細は鶴見区の保育・教育コンシェルジュHP参照。
 

詳細ホームページはこちら
詳細ホームページはこちら

鶴見区版のトップニュース最新6

地域で子育て応援へ

地域で子育て応援へ 社会

出産祝う企画 参加しやすさ工夫

9月23日号

市、オンライン申請を導入

証明書発行

市、オンライン申請を導入 社会

時間・場所問わず可能に

9月23日号

生麦トイカプセル誕生

生麦トイカプセル誕生 社会

駅改札横に設置 

9月16日号

コロナ禍で端末活用加速

横浜市立小中学校

コロナ禍で端末活用加速 教育

一律での実施に課題も

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

高校総体テニスで日本一

白鵬女子西・内島ペア

高校総体テニスで日本一 スポーツ

2年分の思い遂げる

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 信頼そのままに。

    意見広告

    信頼そのままに。

    自由民主党は衆議院神奈川三区(鶴見区・神奈川区)支部長に中西けんじ(参議院議員財務副大臣)を任命

    9月23日号

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook