鶴見区版 掲載号:2021年8月19日号 エリアトップへ

いい野菜作りに奮闘中 駒岡の農家、次世代へ

文化

掲載号:2021年8月19日号

  • LINE
  • hatena
「散歩がてらに寄ってみて下さい」と磯ヶ谷親子
「散歩がてらに寄ってみて下さい」と磯ヶ谷親子

 都会の鶴見にも、新鮮な地元野菜を作る農家がある。

 駒岡には、磯ヶ谷義太郎さんが耕作する5千平米の畑「八千代田ファーム」がある。4月に就農した息子の健太郎さん(32)がDIYをして自宅=駒岡3の28の27=前に直売所も制作した。新鮮な野菜が安価で手に入ると地元民にはひそかに人気の場所だ。

試行錯誤続ける

 健太郎さんは、留学を経て外資系コンサルで働くバリバリのサラリーマンだった。4年前に、ふと「農業をやりたい」と思い、学校へ。研修先で聞いた若い農家の「ビジネスとして売れるものを作っていかないと」という言葉に刺激を受けた。

 就農してからは義太郎さんと相談しながら耕運機などを新しく購入。販売先も価格が変動しやすい市場だけでなく、JAの直売所に広げるなど、試行錯誤を続ける。

 「自分の性分にあっていて楽しい。売り上げは追いつつも、良いものを作っていきたい」と健太郎さん。義太郎さんは「盛んな場所ではないから自分の後はいないかと思っていたが、嬉しいね。近隣の農家でも跡継ぎが始めたと話を聞くよ」と微笑む。

 直売所では夏野菜は終わりだが、9月にへちま、10月にさつま芋と柿などを販売する予定。
 

鶴見区版のローカルニュース最新6

青春歌謡コンサート

ピアノと言葉で世界旅行

ピアノと言葉で世界旅行 文化

寺尾地区センでコンサート

11月25日号

潮田の歴史探訪

潮田の歴史探訪 文化

地区センで12月

11月25日号

ペタンクに80人

ペタンクに80人 スポーツ

区老連がスポーツ大会

11月25日号

区内ゆかりの書を堪能

区内ゆかりの書を堪能 文化

鶴見書人会が展示

11月25日号

生麦、岸谷商店街で周遊企画

生麦、岸谷商店街で周遊企画 文化

スタンプラリーに持ち帰りグルメ

11月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook