鶴見区版 掲載号:2021年9月30日号 エリアトップへ

馬場花木園・旧藤本家住宅の館長を務める 高山 智恵子さん 馬場在勤 65歳

掲載号:2021年9月30日号

  • LINE
  • hatena

「あったらいいな」を形に

 ○…「本当に地域に愛されている公園」。4月に就任し、熱心なボランティアの姿や毎日のように訪れる来館者を見てそう感じた。「スタッフよりも来てくださっている方も。ありがたい」。重陽の節句のしつらえでは、園内のドライフラワーで東屋を飾るという来館者から受けたアイデアを形にした。「施設でやりたいことがある人は教えてほしい。色々な風に楽しんもらえれば」

 ○…横浜市緑の協会に13年ほど前に入り、当時同協会が管理していた上郷・森の家=栄区=で働いた。旧伊藤博文金沢別邸にいた頃には、薬膳やヨガを楽しむイベントを考えた。穴場で花火が見られる企画は、申込開始30分でいっぱいになるほどの人気ぶりだった。「施設にいると、こんなことできたらいいなって浮かんでくる。自分はできないけど、詳しい人がいてくれたらって」。今回の重陽の節句では、当時から続く縁で絵付けを専門とする講師を呼び、しつらえを頼むことができた。「普段会えない人に会えるのがこの仕事の魅力のひとつ。やっぱり、働いている側も楽しくないと」

 ○…長野県出身。趣味は読書。特に推理小説を楽しむ。食べることも好きで、グルメ本もよく読むが、「レシピとかが載っているやつじゃなくて、おいしい飲食店が載っているグルメ本ですけどね」と笑う。

 ○…気を付けているのは展示会にならないようにすること。「あくまで古民家が主役。作品はそれを引き立てるようなもの」。今後は囲炉裏など、古民家を活かしたしつらえや企画を考えていきたい。「何度も足を運んでほしいから。季節ごとに違う雰囲気を味わってもらえれば」。あったらいいなを形にしながら施設の魅力を最大限に引き出していく。

鶴見区版の人物風土記最新6

高内 左枝子さん

喫茶ラズベリーでこども食堂を開く

高内 左枝子さん

下末吉在住 

12月2日号

渡邊 浩さん

矢向地区連合町内会や社会福祉協議会などの会長を務め、地域のため奔走する

渡邊 浩さん

矢向在住 73歳

11月25日号

大野 慶太さん

様々なアイデアでまちに貢献する東宝タクシー(株)の代表取締役社長

大野 慶太さん

鶴見中央在勤 44歳

11月18日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月11日号

古木 嘉夫さん

(一社)神奈川県警親会鶴見支部の相談役であり、現役最年長

古木 嘉夫さん

馬場在住 96歳

11月4日号

慶野 未来さん

珈琲専門店山百合を受け継ぎ、修行を積む

慶野 未来さん

鶴見中央在勤 25歳

10月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook