神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鶴見区版 公開:2022年1月6日 エリアトップへ

萬運輸 消防団協力事業所に 社員3人が活動

社会

公開:2022年1月6日

  • LINE
  • hatena
同社で行われた交付式
同社で行われた交付式

 従業員3人が消防団に入団しているとして、駒岡の物流業・萬運輸(株)(東海林憲彦代表取締役社長)が鶴見消防団協力事業所に認定され、鶴見消防署から表示証が交付された。

 表示証の交付は、協力事業者が社会貢献を果たしていることを評価する消防団協力事業所制度によるもの。横浜市長が認定し、市内では現在、144事業所を数える。区内では同社で13カ所目となる。

 同社によると、東日本大震災が発生した際、山形営業所の運転手が宮城県で被災。津波で逃げ遅れた人たちを救助した偶然居合わせた人たちが、地元の消防団員などだったという。

 東海林社長は「そんな体験もあり、社員自体が生きる術として学べれば、家族のため、世の中のためになる」とし、今回の協力にいたった。

 運輸部門や整備部門から、並木和重さん、阿部茂樹さん、佐々木秀明さんの3人が、今年4月から駒岡などを管轄する鶴見消防団第7分団に入団。活動を行っている。

 鶴見消防団の香取正彦団長は「昼に災害が起こった際、勤務地団員は地域防災の頼りになる」と歓迎。協力に感謝し、活躍に期待を込めた。

鶴見区版のローカルニュース最新6

行政手続き オンラインで

行政手続き オンラインで

市、子育てサイト開設

7月25日

市の「夢ファンド」に寄付

横浜信用金庫

市の「夢ファンド」に寄付

社協通じ善意銀行にも

7月25日

在校生とOBの芸術展

県立鶴見高校

在校生とOBの芸術展

サルビアホールで31日から

7月25日

内田氏が出馬へ

衆院選3区

内田氏が出馬へ

参政党から

7月25日

なでしこブランドを募集

神奈川県

なでしこブランドを募集

女性活躍を応援 9月30日まで

7月25日

物流2024年問題を調査

神奈川県トラック協会

物流2024年問題を調査

 働き方改革関連法うけ

7月25日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook