神奈川区版 掲載号:2015年10月29日号
  • googleplus
  • LINE

幸ケ谷小4年守谷さん 「環境絵日記」で大賞 2万3375人の頂点に

教育

 横浜市資源リサイクル事業協同組合(高田哲二理事長)=山内町=が市内の小学生を対象に毎年夏休みに募集している「環境絵日記」でこのほど、幸ケ谷小学校(小正和彦校長)の守谷香音(かのん)さん(4年)=写真=の作品『地震がきてもおいしい食事が出来る市』が大賞に選ばれた。

 「環境絵日記」は環境問題や環境保全について、絵と文章の組み合わせで自由に表現するもの。同組合では、小学生の頃から環境問題を家族で考え正しい知識や意識を身に付けることを目的に、2000年からコンクールを実施している。今年で16年目を迎える今年度は、「みんなでつくる環境未来都市・横浜」をテーマに、市内の小学生の約13%となる2万3375人の児童が参加した。

 自宅でゴミの分別などに取り組み、学校ではヘチマやゴーヤを育てて環境問題について学んでいる守谷さん。担任から吉報を聞いた時の気持ちを「うれしかったけど、まさか自分が選ばれるとは思わなかった」と振り返る。絵を描くのが好きで、コンクールには4回目の参加。「梅干しは、すっぱいからたくさん食べられない。果物ならいいのに」。大賞作品『地震がきてもおいしい食事が出来る市』は、登下校時に見かける梅の木をヒントに、東日本大震災の記憶を辿りながら4日間をかけて描いた作品だ。守谷さんが創造する「環境未来都市・横浜」は、地域全体に果物が植えてあり、いつでも食べられる様子が描かれている。「緑が増えて、多様な生物が住める都市にしたいです」と話していた。

大さん橋で展示・表彰式

 同組合は市と共催で11月1日午前11時から午後4時まで、「環境未来都市・環境絵日記展2015」を大さん橋ホールで開催し、603優秀作品の展示と優秀特別賞(21人)の表彰式を行う。

 区内からは守谷さんのほか、漆谷歩々さん(三ツ沢小学校6年)の作品『「YOKOHAMA」に住みたい』が横浜市長賞を受賞している。

神奈川区版のトップニュース最新6件

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月15日号

専門学校が被害者支援

「はれのひ」問題

専門学校が被害者支援

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

臨海部の区民利用施設が連携

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月1日号

地区セン花壇を整備

錦台中ブロック

地区セン花壇を整備

2月1日号

フォンテーヌ クチュール

2/16~18 横浜そごう9階でウィッグ体験フェア。ご試着もいただけます

https://www.fontaine-wig.jp/fnavi/shop/introduction/175001

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

打楽器フェス

打楽器フェス

3月10日、11日かなっくホールで

3月10日~3月11日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク